ストリップアート

ストリップアート入門:アート、サブカル、ストリップ。

アメブロの目次はこちら(途中まで)
劇場住所とHP
その他の劇場情報

目次(1~100)
目次(101~)

昨年9月(Sep 2007)。
カメラマンの「吉行耕平」氏がNYで個展を開き、
話題になったそうです。




その作品というのが・・・・



新宿中央公園でセックルしているカポー



それを覗く男たち



盗撮した写真。






セックルだけだと「ただの盗撮」。
マサーシー田村とあまり変わらないかと思うのですが、
覗いている人々も、盗撮されている。。
そんなところが、評価されたみたいで。





こちらの記事で紹介されています。
読み応えのあるblog。。

↓↓
世界中が日本を真似はじめた?③ ファインアートの終わりと吉行耕平




しかし、、セックルカポーに群がる男達・・・
かなり必死ですわ~(笑)
まぁ、ある意味、野外ストリップ。。。
撮影時期はちょうど、ストリップが盛り上がっていた時代と
重なるような、気がします。




-------------
この記事を読み進めると、以下の記述があります。
「芸術とサブカルの違いは顧客の差異だけ」


ぅむ~当を得た言葉。。
まぁ、、
ストリップが高級な感じになってしまったら、、
本来の楽しさは失われてしまうような気がしますけど。。




結局、「アート」って何?
ここにたどりつきます。


アート、芸術。
って聞くと、さも高尚なモノ-クラシック、絵画、彫刻等-
を思い浮かべてしまいます。
また、そうであるべき(?)かと思ってたりします。。


アートって。

自分以外の誰かを
笑わせたり、安らぎ、怒り、楽しませたり。
感動させたり、悲しませたり、新たな発見をさせたり。
心が弾けて、躍動する・・
ワクワク感や、ドキドキ感。

そんな、ものかな。




正直、初ストリップ以上の衝撃を受けたものは、、
なかなかないな。。



------
まじめに、今期の方針について語っており、、
よく見ると、鼻毛が飛び出ている。
隣で課長が笑わないように耐えている・・・


私から見たら、、これはアートになりうる、のかな。
ナチュラルでやるなら比較的簡単だけれど・・・
「アート」、人工的にやるとしたら、なかなか大変。

世間的に恥ずかしいこととされている
鼻毛を出すということ、を乗り越え、
「わざと出してる」感が分かってしまったら、興ざめ。
恥ずかしさに耐えつつ、ナチュラルを装う技術が必要。
そんな感じで、今期の方針について真面目に語る部長は
間違いなく、「アート」かと思うのです。
(もち、笑いに耐えている課長もセットで。)


ま、お金にはならないんですけどね。。

------------------


世間の批判的な目に耐え、
劇場に来る客の為、練習を積む踊り子達。

それを見て、一緒に、
笑い、癒され、泣き、怒り、感動する。。


一箇所でこれだけの感情と出会える場所を
私は知らない、かもしれません。。
実際、うっかりこんなblogを書いてしまっているし、
ヌー銅なんぞに興味を持ったり、
陰毛や音楽や照明のこと。
小劇団に興味を持ったり。
実際、ストリップは私の人生を豊かにしてくれている、
と感じます。


差し入れをする方なら、
花やオシャレなモノを探したり。。




======同blog引用===============
となれば、現在の日本発のサブカルブームは、
美や芸術をオタクや一般の人々の
手元に取り返すための反乱とはいえないか。

======同blog引用===============




ストリップ劇場。
踊り子さんとお客さんで、
「ゲイジュツ」を一般大衆に取り戻した姿。
そんなふうに、思えます。




その日の香盤、踊り子さんの調子、集まるお客さん、、
何が起こるかわからない。。。
ストリップ劇場は・・・
ヲトナのおもちゃ箱やぁ~

(古くてすみません。。)





まぁ、踊り子さん達はきっと、「アート」とかじゃなく、
楽しんでもらえたら」そんな気持ちかと思いますし。
客としても、、精一杯楽しめたら、いいな、と思うのです。。
みんなで、クレイジーになれれば、いいな、と思うのです。



いつものことながら、、
思いつくままに書いており、、
今回はいつも以上に、
まとまりなくなっちゃいました。
ご勘弁の程。





以下、岡本太郎著
「自分の中に毒を持て-あなたは"常識人間"をすてられるか」
---------------------------------
むしろ、下手の方がいいのだ。
笑い出すほど不器用であれば、
それはかえって
楽しいのではないか。

平気でどんどんつくって、
生活を豊かにひらいていく。
そうすべきなのである。
意外にも美しく、嬉しいものができる。
それが今日の空しい現代社会の中で自分を再発見し、
自由を獲得する大きなチャンスなのだ。

----------------------------------

世界中が日本を真似はじめた?② 村上隆の戦略
↑↑
これも、かなり興味深い。





| | コメント (4) | トラックバック (0)

ストリップアート入門:文化としての、ストリップ。(その1)

目次はこちら
アメブロの目次はこちら(途中まで)




箱根駅伝(往路)

われめDEポン

箱根駅伝(復路)

感動しつつ、うんこする





まさに、正月王道。ゴールデンコース。
堪能致しました。
箱根・・・波乱万丈、ドキドキのレース展開。。
われポンも最後までドキドキで。



今年はオリンピック。
スポーツな一年ですね。
そいえば・・・
サッカーW杯の日本代表の試合の時、
スト劇場にどれ位お客さんがいたのか・・・
気になるところ。。
サッカーのポジションについてあれこれ考えるよりも、、
劇場の香盤の方がよほど気になる・・・
そんな人いたのかな。。




世間のホットトピックには目もくれず、我が道をゆく。
そんな人、魅力感じるなぁ~(笑)





--------------------------------

さて。
真面目な文章を立て続けに書くこと、
なるべく避けてきたのですが・・・
ちょうど、ワタクシが求めていることを、
ピンポイントでblogに書いてらっしゃる方がおりました。。
この文章に出会えたことに、感動。。





岩崎るりは、さん。
(サイエンスライター、猫研究家)
↓↓
blog:「猫もしらない女のカラダ」





プロのライターさん。
恐れ多くも、
引用、リンクについてメールで問い合わせたところ・・・
快いご回答を頂きました。
新年早々の怪しげなメール、大変失礼致しました。
この場を借りて、改めてお礼申し上げます。m(_ _)m
(リンク張りまくりですみません。。)




では。
リンク、引用。レッツゴー!
(ストリップにトリワケ関連のありそうな記事にリンクいたします。
興味深い記事がたくさんあるので、ぜひ初めから読んでみてください。)




1:見られる動物・人間のメス
2:女も見たい女のカラダ
3:女体はどこまでも作品である
4:女の美意識とヴァギナの関係
5:女も見たい女のオナニー
6:女体の神秘「女もなぜ女のハダカを見ると感じるの?」
7:アンケート結果「女体の美」芸術か?刺激か?
    ↑↑
  このアンケート結果はまさに・・・
  ストリップ、そのものな感じがします。。
  男性も、女性も、フィフティーフィフティー。





8:女体の美学「アンダーヘアーの文化史」
    ↑↑
少し記事を抜粋させて頂きます。

----引用 ここから--------
眉毛がそうであるように、アンダーヘヤーが、バランスよく整えられたヴァギナは、たいへん美しいものである。フランスの高級下着では、アンダヘヤーの手入れがなされて初めて着けることが可能となる。
----引用 ここまで--------






9:女体とSMの淫らな関係
   ↑↑
古事記、日本書紀の記述から考察されております。





10:セクシュアルな日本女性・ノーパンの文化史
↑↑
少し記事を抜粋させて頂きます。

----引用 ここから--------
パンツにヴァギナを封じ込める文化が主流の現代において、思い出してほしいのは、日本の女は猫のように、性について奔放であった。そしてオナニーでさえ存分に楽しみ、生活すべてを明るく受け止めてきたことである。
----引用 ここまで--------





11:日本女性と着物とエクスタシーの深い関係

リンクばかりで申し訳ないです。。
ぜひ、初めから読んでみて下さい。。







思うに。
鎖国を解いて以降
貪欲に西洋文化を取り入れたが故、
今の日本があるのはまぎれもない事実ですが、
それと同時に、
古来から日本にある文化を失ってしまい・・・
今、そのヒズミが大きくなってしまっている。
と、強く感じていました。



今劇場で演じられているストリップ。
現状、、アングラなサブカルチャー。
実は、古来より日本にある「性文化」そのものではないのか?
西欧化により失われ、非連続となった日本文化をつなぐ業界。
無理に取り戻す必要はないのか・・・
日本が日本を取り戻した時、
ストリップも文化として認められるのかもしれません。。



ストリッパーとして誇りを持って舞う踊り子さんこそ、
真のやまとなでしこ、なるか。。




そいえば、、
日本史や古典の授業は・・・
内職の時間だったな。。
古事記や日本書紀等々の古典を紐解いてみようかな。


江戸文化歴史検定なるものもあるようですね。。


ストリップから、日本史・古典へ。
新たなテーマが生まれました。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

若者のためのストリップアート入門:ミロ、ストリップ。

目次はこちら
アメブロの目次はこちら(途中まで)
いやぁ~寒いですねぇ。。
こう寒いと、部屋へ引きこもりがちになっちゃいます。



ところで、、
世界でもっとも有名なストリッパーと言えば・・・





・・・・・







もちろんこの方。


「ミロのビーナス」さま。
毎日世界中から訪れる、老若男女にその見事なボディーを、恥ずかしげもなく、披露してらっしゃいます。
見たことはなくても、知らない人はあまりいないかなぁ。と思わせる程の知名度。
確か美術の教科書にも、載ってますよね。。




これが、作られたのが約紀元前130年頃。
それからどういう経緯をたどったのか・・・
1820年に生き埋めになってたところを救出されました。
今も昔も変わらず、ストリッパーは波乱万丈な人生な訳なのですね。。






wikipediaの説明にリンク、いちお張っておきます。
↓↓
wikipedia<ミロのビーナス>の説明



<写真1>よく見るビーナスさま。
Miro1











<写真2>別の角度からのビーナスさま。
Miro2


おぉ~、このポーズ。見覚えが。。
現在もストリッパーの方、されてますね。。


約二千年も受け継がれているこのポーズ。
(足の出し具合とかね。。)
何気に見ておりましたが・・・
二千年の歴史、二千年の技をストリップ劇場で見ているのですね。。









<写真3>ビーナス様の後ろ姿。

Miro3



恐れ多くもビーナスさまの後ろ姿。
なかなか見る機会はないですが・・・


プリティーなオケツが少し、見えております。
これも、2千年経った今、日本のストリップに受け継がれているポーズ。
見えそうで見えない・・・チラリズム効果。


なるほど、日本のストリップは、世界に誇るべき文化なのです。。










ちなみに、この像は
上半身:20代
ウエスト:30代
ヒップ:40代



と、最も女性らしく、その部位が美しくなる年代をミックスして作られているそうな。。
20代、30代、40代の女性の裸を見比べたことはないので、なんとも言えないのですが・・・、そうなんでしょうかねぇ。。





ついでに。やっぱり。
hiraxさんの登場です。

以前、若者のためのストリップ入門:エロと美とストリップ。
の記事に書いたんですが・・・
↓↓
オッパイ星人の力学 ヤング率編(カップ数とオッパイ一個あたりの重さ)




またまた、hiraxさん、ビーナスさまのカップ数はどれくらいなのか、を計算してらっしゃいます。
↓↓
ミロのヴィーナスさんは「小胸さん」だった・・・!?


この記事によると、ビーナスさまを日本人の平均身長に換算すると「Bカップ」なんだそうです(笑)大きいのもそれはそれで、好きですが、それっくらいでもワタクシは問題ないんですけれどね。。





日本のストリップに、2千年の技。
古今東西変わらぬ、美の姿。





若者よ、見ろ(ミロ)!ストリップ。
(ふぅっ~なんとか、つながりましたかねぇ??)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若者のためのストリップアート入門:音楽とストリップ、軽めに。

目次はこちら




今回は、つれづれなるままに書きなぐり。
とりとめもない感じです。。




オープン曲集CD出したら、どれくらい売れるだろうなぁ~
500枚位売れますかねぇ??
かなり、売れる範囲は限られてますね。。





かなり、異色のオムニバス。
ストリップを知らない人にしてみれば、
何でこんな雑多なジャンルの曲が・・・
でも分かる人には、わかる。

ドライブなんかに使ったら、激しく盛り上がり(自分だけ)
ニヤニヤしちゃいそうですが・・・






ストリップと音楽。
かなり、デリケートな話題ですので、
おぶらーとに包みつつ・・・ですが。




普段聞かないジャンルの曲を聞き、
いいな、この曲。
なぁんて出会いもあり、
この曲を聴くと、その場面が思い起こされ・・





ワタクシハ・・・
森田久恵嬢のオープン曲。
ららぽんのオープン曲。
本庄嬢のポラ曲&演目「ちゅら」の曲。
詩田嬢の演目「遊女?」の曲。



は、レンタルしてしまいました。
学生の頃は、「カウントダウンTV」を
友達と見てたりしたんですが、今じゃさっぱりです。
カラオケなぞもしばらく行ってないし、
歌えるのは昔曲ばかりになりそうです。






あ、本日初めて、
山本晋也のランク10国を見てみました。
↑↑
(ストリップ初心者の方は、見てみると雰囲気が分かるかも?です。)

さすがは、綺麗に撮ってらっしゃる(笑)
これの、音楽は・・・どうなんでしょうかねぇ??
と、ちょっと疑問があったりする訳ですが。





チームプリティーダイジェスト、見ると激しく行きたくなりました。
浜野蘭嬢はこんな方なのか~とか、
今野梨乃嬢はこんな方なのか~とか、
椎名りく嬢は、一回ステージ見たけれど・・・
このインタビュー見ると、
たくましく生きてる感じの方。。
とイメージが変わったり・・・




---------------------------
ストリップダンスに使う曲。
多くはご本人の選曲なんですよね??
選曲を聞くと、好みやセンスが分かります。
音楽の海の中から、自分のイメージに合う曲を探し出す・・・
持ち時間に合うようにして・・・
前後の曲とうまくつながるようにして・・・
ダンスや衣装のみならず、DJちっくなことまでも
しなくちゃならないんですねぇ~




強烈な印象があったのは・・・
栗鳥巣嬢
どこからそんな曲を探してきたのか・・・
でも、ちゃんとその場面にあわせた曲を
細かくつないでらっしゃって。

ワタクシ的には、ツボ。
爆笑のウズでした。





ホント、何のネタもオチもないまま、終了です。(予告どおり!)
あまり触れちゃいけない、話題なので、
こんなもんでしょうか。。





------------------------
あ、ワタクシもパーティー用とかで音楽を編集する事があります。。
まぁ、ゆーても、テンポを踊りに合わせる感じですが、
フリーソフトの[Audacity]ってやつを使ってます。
タダのわりに高機能。


曲のキリハリ、つなぎはもちろん、エコーをつけたり、
フェードアウトさせたり、マイク使って声を入れたり。。
意外と楽しいので、使ってみてくんしゃい。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ストリップファイト日誌:10頭、渋谷道劇の事。

目次はこちら



ファイターを名乗ってるくせに、
ファイターじゃないんじゃないですか??ちかごろ。



との、お便りを頂きました。。yuzu-33さんから。
はい。自作ジエン。




まぁなんでしょうか、なかなか、です。。
「これはっ!」と思える方に巡り会うのは・・・・
難しいんですね。。



かわいい、だけじゃなく。
ダンスが、うまいだけじゃなく。
スタイルがいい、だけじゃなく。



コトバでは、表すことのデキナイ、何か。




もしかしたら、踊り子さんだけじゃなくて、
その場に居合わせたお客のせいでもあるし、
劇場の作りや、女の子の日で調子悪いこともあるだろうし。



自分が思う「これはっ!」な、瞬間。




どちらかというと、
「うぉぇっ、酒が抜けなくてさぁ〜」
「飲まないと、やってられないさ〜」
でも、ステージは素敵。



なぁんてな方が人間味あふれてて、
個人的には、そんな方に興味を持ちますが、
今はポラ売れることが大事ですので、
そういうのは、難しいでしょうねぇ〜〜




日誌は書いてなくても、地味なファイトを続けております。
行っても書いてないやつも、実はあるし。




いざ。



- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - ----



渋谷道劇 10頭
- - - - - - - -- - - - - - - ---
1.寺丘早織
2.麻吹サヨリ(debut)
3.川村美沙
4.桜井アンナ
5.朝倉希
6.春風るな
7.羽月澪 (3YAnniv.)



ものすごく、久しぶりの道劇。
やっぱり、照明キレイ。
盆がせり上がるって、すばらしい。
スモーク出る劇場って、実は貴重。
設備に合った劇場の広さなのね、と、納得です。



道劇娘コンプリートに近かったので、他劇の方見ようと
足が遠のいていたのであります。。



寺丘早織嬢
残念ながら、間に合わず、ポラタイム。
スレンダーな方ですね、一度拝見してたかなぁ・・・



麻吹サヨリ嬢
この週デビューの方。
道劇HPの写真では、「子アライグマ」っぽい写りですが
実際は、かなりキレイでした。
髪型のせいもあると思いますが、アメリカの女優さんっぽい感じの方です。
かわいい、よりは、美人な方。

演目は覚えておりませんが、デビュー週にしてなかなかです。
かなり練習を積まれたのか、もともと素質があるのか。
これから、素敵なステージを期待してます。。




川村美沙嬢
う〜ん、あまり思いだせません。
確か黒系、ステッキを持って・・・なはずです。



桜井アンナ嬢
デビュー後2回目の舞台でしょうか。。
雰囲気は羽月嬢と似たものを感じました。
さっそく、お姐さん。なんですね。



朝倉希嬢
以前、本庄嬢と一緒だった渋谷以来の観劇です。
更にパワーアップした感じでした。
確か着物を着て、ヒップホップ系の激しいダンスだったように
思います。


きっと、学生の頃は体育得意だったんでしょうねぇ〜
運動神経の良さを存分に活かしたステージでした。
きっと、バスケ部のガード。 私の勝手なイメージ。
安定していつも、素敵なステージを期待できる方。ですね。




春風るな嬢
大きな羽を2枚使った、貴婦人なダンス。
やはり、大きな特徴は目力、だと思います。
目力、すごいです。
あ、そうそう、道劇と言えば、オナベですが・・・
ホームで、ポーズベットでした。



羽月澪 (3YAnniv.)
2回目の観劇になります。
3周年、だったんですね。。
モデルやっててもよさげですけれど。。
お姫様ダンスでした。



と、取り急ぎです。
やっぱ、忘れちゃうなぁ〜泣
劇場でメモってる方いますが・・・


ま、忘れちゃっても、いっか。
その瞬間を楽しめるように・・・
私も精進いたします。m(_ _ )m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリップファイト日誌:9中TS、TSの事。(その3)

目次はこちら



「8時だよ、全員集合」グー




小学生の頃、20時には寝かされていました。
で、唯一。
土曜日だけ「ドリフ」を見るために
21時まで起きていてよかったのです。目



20時はワタクシにとって、特別な時間だったのです。合格



- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - - - - - ----
さて、TSミュージック。(その3)




20時を過ぎた頃から、混み始めます。
20時になったので、
みんな集合している訳です。
パー
(そゆことに、しといて・・・)




専ら、中国や韓国の方ですが、
欧米系の方もいらっしゃいます。
まさしく、全員集合。
パー




中国、韓国の方はツアーなんでしょうか、大勢です。。
しっか〜も!
女性の団体さんもいらしてました。。音譜
女性はきっと、一人では見にいけないもの。
日本女性も見たい人はたくさんいそうだし、、
ツアーで人集めれば、きっと見る人沢山いるかなぁ〜と思いました。。




しかし、女性はどんな観点で
「ストリップ」
を見るのか、気になるところです。
いつか機会があれば、お話を聞いてみたいですねぇ〜〜
禁止



でも、日本人でもあまり見に行くことは少ない
「ストリップ」
よく外国の方が見つけることができるものだと、
感心してしまいます。
私が韓国や中国やカルムイク共和国に旅行に行き、仮に
現地で「ストリップショー」があっても、
劇場を見つけることは難しいと思います。。。
ヒミツ




まぁ、とにかく、
日本、中国、韓国、欧米、男も女も全員集合。パー




最近では、外人の方はあまりめずらしくはなくなりましたが、
まだまだ、少ないというか・・・
「国として」まだ他国の人に寛容でないのかもしれません。




しかし、20時を過ぎた
TSミュージックに、
目指すべき日本の姿を見ました。。

誰もが、分け隔てなく存在できる空間・・・





日本国憲法14条1項
『法の下の平等』ならぬ。

「女体の下の平等」グッド!
まぁ、裏じゃいろいろとあるやもしれませんが、
表面上、ショーを普通に見ている分には・・・ね。
(あ、もちろん適用されるのは、国民だけなんですが。。)




ワタクシ、人ごみは苦手なもので・・・
混んできた20時あたりに帰りましたがっ。。ダウン




- - - - - - - - - - - ----
照明は・・・
あまりバリエーションがある感じではないですが、
舞台周りの部分に電飾がついています。
そう、あれです。
そんな感じの運送トラックを見たことがあります。。
トラックのフチの部分がお祭りになってるやつ。柔道
トラックじゃ違和感がありますが、
舞台についていると違和感を感じません。
(まぁ、当然といえば、そうですが。)




ありゃ、ツレヅレなるままに書いてたもので、
何だかシマリのない感じになってしまいました・・・
今回はこの辺で失礼致します。。
あれ、おかしいなぁ。。




あ、随分遅くなりましたが、
「ストリップ情報館、ハダカオドリンク」さんを
bookmarkに追加致します。
ストリップのリンクが充実してらっしゃいます。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ストリップファイト日誌:9中TSの事、TSの事。(その2)

目次はこちら



ツタヤりました。
余計なコネタは、うっとい、ですか??はてなマーク
まぁ、このコネタが、検索に引っ掛かって・・・
なこともある訳ですしっ。




「さくらん」
監督:蜷川実花 原作:安野モヨコ
出演:土屋アンナ  椎名桔平 成宮寛貴 木村佳乃 菅野美穂 永瀬正敏



監督の蜷川さんは、写真家なんですね。
写真のセカイは疎いっす、ワタクシ。
これを機会にちょいと、写真のセカイにも目が行くか・・・
カントクは「赤」が好きなのか、いろんな「赤」を魅せてくれます。




木村佳乃さんがおっぱい、モマレテタ、
のが大変気になりました。。アップ
(まぁ、書いておかなくちゃ、ね。)






これ見ると、
詩田嬢の前作の「遊女」を思い出してしまうのは、
私だけでしょうか・・・
音譜ストリップ病に侵されつつ、あるのでしょうか・・・あせる
まぁ、でも最近はストリップはなんだか、テンション下がり気味で。ダウン





吉原に売られた少女が禿から花魁へ成長していく様を
描いた映画。




女のセカイ。おとめ座
女と男のセカイ。
ふたご座ちょいと、ストリップの世界にも見えました。
が、今、ストリップは綺麗すぎるというか・・・
アイドル過ぎるというか。



もっと、悲しい世界、波だからこそ魅せることができる、美しさ。
と思っていましたが。
今は、よい時代、なんでしょうね。。




ちなみに、蜷川さんのHP
↓↓
蜷川さんHP



う〜っと、長くなっちゃいました。



- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - --
さて、東京ストリップ音楽。
英訳してTS Music
(教えて下さった方、有難うございました。。)m(_ _ )m




新宿区役所の裏通りにある道を進み、
看板の出ている階段を登ったトコロにあります。


ロビーはなく、階段を登った右手にテケツがあり、
左手のドアを開けると、すぐに舞台。





ここは、なんだか、池袋ミカド劇場と対照的な作りです。
ミカドは長方形の長辺が舞台だったのに対して、
TSは短辺が舞台で長〜く客席がある感じです。






で。
イスは、野球場に
よくある感じのプラスチックのやつです。

これはっ。
野球を見るように、
ビールを片手に気楽にストリップを見て下さい。
との劇場側の粋な心配りな訳なんでしょうか??
アップ





野球はおそよ2〜3時間。ストリップの1回公演分位でしょうか。。
それ以上は、ケツが痛くなりそうです。。
粋なはからいと共に、
回転率も考慮に入ったビジネスクラスなイスなのです。
¥
およそ、40席位でしょうか・・・
全て舞台に向いております。





おぉ〜なるほど。
盆がありません。
けっこう長い花道です。
山手線の車両にある
「つかまり棒」
みたいなポールが
花道の先端についてます。






ココは。
花道脇がベストポジションなんですね。。
花道脇の席に座ると、
コンビニでおにぎりを選ぶ時、くらいのキョリ。
バスの窓際の席に座り、すぐ外で踊っている、くらいのキョリ。
まぁ、とにかく、近くて
ボディーソープの芳しい香りも、感じることができるのです。
(まぁ、私は座れませんでしたが・・・、少し近いトコロだったので。)




が、舞台近くの花道脇に座った人は、
ベットショーは振り返って見ることになるので、
キツイと思います。。



おぉ〜、なるほど。
劇場いろいろ、それぞれ特徴があってオモシロイものです。。
チョキ




つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ストリップファイト日誌:9中TSの事、TSの事(その1)

目次はこちら



TSミュージック。



で、TSって、何?はてなマーク
意外と、こゆとこ、気になる訳です。




T=とても S=すごい
トテモスゴイミュージック??


T=トンコツ S=スープ
トンコツスープミュージック??




なんだか、激しく頭が悪そうな感じなので、
この辺でやめときます。。あせる




ヒトゴミ嫌い。
並ぶの嫌い。

と、まぁ、都会で生活するのにふさわしくない仕様に
なっております、ワタクシ。グッド!
で、込んでるウワサのTSは避け気味だった訳なのです。。




そんな訳で、
平日にこっそり行ってまいりました。。

ウワサのダブルやトリプルも、見たかった気もしますが・・・目

ココは、まぁ、ネタの宝庫でした。。
書きたいことは、沢山ありますが、
ひとまずは、出演者の方から。



9中、TS
- - - - - - - -- - - - - - - ---
?森田久恵
?桜咲風香
?るあ
?詩田笑子
?山咲みみ
?ミミ(引退)
?リナディソン



森田久恵
7頭銀映で拝見して今回で3度目になります。3
今回は2個出しだったのでしょうか。。
銀映で見た、水色の衣装のアラビア風の出し物と
上野で見た、白紅色衣装の中華風出し物。



桜咲風香
いやっ、普通にカワイイ子です。妹みたいに感じてしまいます。。NEW
調べてみると・・・
今春、大学を卒業してSMの世界へ。。緊縛師を目指しているそうで。
まぁ、それで生計を立てていけるまで、ストリップで。
なんでしょうね。。


目標があるから、なのでしょうか
舞台度胸はがっつり、ありそうです。
椅子Mポラ(オープン)の嵐もしっかりとこなしておりました。。OK



デビューして間もないはずですが・・・
っていうか、いきなりフリーですか!
ダンスは自己流なのでしょうか・・・



るあ
○組のはっぴに、匕首を持ち。
ポールもすごく、綺麗でした。
頼りになる姐御、な感じの方です。グッド!




詩田笑子
さすが、というか。間違いなく、一流のストリッパーの方、ですね。。音譜
ステージも、オープンもポラも。エロスを表現しつつ、とても
ステージを楽しんでらっしゃるなぁ、と感じます。


チャイナドレス風の衣装からオナベ。
今回初めて、ポーズを見ました。
で、オープンは後ろに「愛し愛され〜」と書かれた
ハッピを着てました。。



山咲みみ
西川口で見た出し物と同じでした。
お姫様系ダンスをカントリー風な音楽にあわせて踊ります。チョキ
雰囲気はぴったりですね。



ミミ
体調不良、との事で残念ながら拝見できませんでした。ダウン
引退とのことで、もうお会いすることはないのでしょう・・・




リナディソン
とても、綺麗というか、上品なお嬢さん。
という感じです。。
この方もデビューしてそんなに経ってないはず・・・
なんだか、哀しげな目が気になりました。。目
椅子Mポラの嵐は、
とても痛ましい感じでした。ダウン





しかし、「TS」って何だろう??
今度行った時に、聞くしかないかなぁ・・・

- - - - - - - -- - - - - - - - - - - ---
書くネタは、腐る程、沢山あるんですけれど・・・
どう書くか、ってのも悩ましいもので。
真面目に書いてもつまらないしなぁ・・・
かと言って、エロサイトにするつもりもないし・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ストリップファイト日誌:9頭シアター上野の事。

目次はこちら。


何ヶ月前だったかなぁ
「プッチンプリン」のでっかいヤツ
食べました。音譜
まぁ、やはり。
めちゃめちゃ普通のプリンでした。。ニコニコ



いやぁ〜、最近。
ファイティングスピリット、って言うんですかね
湧きあがってこないというか・・・ダウン
ちょっと短期間に見過ぎたのか・・・



いくらプリンが好きでも、
「でっかいプッチンプリン」は一度に
2個以上は食べれない、のと同じ??はてなマーク



ファイターの頭上に
死兆星が・・・??
叫び
そんな思いを振り払うべく、向かいました。。



- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - --
シアター上野。


前回行った時と変ってました。
ドアを入って左側。
以前は、黒幕に覆われた荷物置き場
だったように思いましたが、
「ちゃんと壁(黒色)」になってました。。グッド!



従業員の方の
「ごめんね〜」って言いつつ、
行ったり来たり。が気にかかります。。
「恐れ入ります〜」「失礼します〜」とまでは言わずとも
「すみません〜」位にはして欲しいと思うんですが・・・
こんなことは、
言ったり、求めたりしてはならない世界なんでしょうか・・・
はてなマーク



さて、香盤は・・・
9頭 シアター上野
- - - - - - - - - - - ----
1.夏樹舞
2.香坂幸
3.恋にしき
4.春風るな
5.チナツ
6.御幸奈々


いやぁ〜、ファイティングスピリットの低下が原因か・・・
あまりキヲクに残っておりません。。。ダウン
こんな時は、
「頭脳パン」
を観劇の前に食しておくべきなのでしょう。。ひらめき電球


夏樹舞嬢
確か白いドレスに、とてもゆったりとした曲が続く出し物だったような。。
とてもさっぱりとした性格のお姐さん、と感じました。


香坂幸嬢
これが・・・大変失礼ではございますが、
私のメモリーにエラーが発生した模様です。
どんな方で出し物で・・・が全く出て来ません。
反省しております。。ダウン


恋にしき嬢
白いドレスにお姫さま系ダンス、だったような・・・
オープンの時はぬいぐるみ、と一緒。なんですね。。
あまりオープンではなかったですが。。


春風るな嬢
あ、そうそう7結で一回拝見した時は、
知りあいの女性に余りに似ていた為に、
妄想族と戦っていたんですが・・・
あれっ?こんなにスゴかったっけ??
と、印象ががらりと変りました。アップ


淫乱貴婦人?な出し物なんですかね??
黒のベット着に赤のハイヒール。
挑発的な目線。表情。
ブリッジに片足上げのポーズも見事に決まっておりました。
エロスの表現、この香盤の中では最もスバラシカッタグッド!
と個人的に感じました。


チナツ嬢
今年で引退されるんですね。
引退前に拝見できてよかったと思ってます。
サンバの曲にノッテ、雌豹な出し物?でしょうか?
めちゃめちゃ、うまいって訳ではないのですが・・・
見ていて、なぜか、ウルッと込み上げてきました。
はい。なぜか、泣きそうになりました。汗
とてもよい人柄が、溢れている方でした。



御幸奈々嬢
初見でございます。
今年で16年目なんですね。。
ワタクシのおてぃんに、まだオケケが登場してない頃から。
白と赤色のドレスで、お姫さまダンスから
ヒップホップ系ダンスへ。
見た感じも全然、若々しい感じでびっくりです。
ポラの対応から何まで、貫録ありまくりでした。グー




3ヶ月に一回位。なペースがちょうどよいのかなぁ・・・目




| | コメント (4) | トラックバック (0)

ストリップファイト日誌:8結西川口テアトルミュジックの事。(フランス風、その2)

目次はこちら




ぬぉ〜っ!?
なんだか、知らぬ間に、
うっかりランキング上がってますが・・・
「まじめな大人」なら、
こんなblogにアクセス
しちゃ、いけません!!
パンチ!
ちゃんと、詩や絵を書いてる「アート」なblogがありますし・・・




「感性豊かな人間になりたい」
と切望してやまない方のみ、ご覧ください。。m(_ _ )m




最近、感性豊か(?)になりすぎて、アップ
服着てても透視できそうな気がしてきました。。
(あくまで、気がするだけ、ですよ!)目



- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - -

さて、西川口劇場音楽。
(西川口テアトルミュージック)




8結の香盤は・・・


西川口テアトル
- - - - - - - -- - - - - - - --
?早乙女マリア
?月夜乃空
?マドンナ麗
?錦ひかる
?山咲みみ
?夏希麗




早乙女マリア嬢
錦ひかる嬢
- - - - - - - -- - - - - - - ---
天です。
いやぁ〜さすがに、私は・・・
まだファイトする、心構えが・・・あせる


2人の方が出演されるってことは、
やはり楽しみな方がいらっしゃる、ということでしょうか。。




月夜乃空嬢
- - - - - - - - - - - --
オリエンタルな出し物でした。
おぉ〜っ!バレエシューズで踊っているように見えましたが。
バレエ習ってらしたんですかね??


ターンやアームワークがとても美しいように思いました。音譜



結構ナイスな感じなのですが・・・
もっと、人気あってもよいような気もします。


HP
↓↓
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=tukisora




マドンナ麗嬢
- - - - - - - - - - - ---
いやぁ、まさかこんなトコロでお会いできるとは。
初観劇、銀映の方。
銀映で見たものと、緑のジャングルの王女様みたいもので、
2個出しでした。



山咲みみ嬢
- - - - - - - -- - - - - - - -
いやぁ〜、なんだか、
「モンシロチョウ」
が周りを飛んでいるかんじ・・・ハチ




仙葉嬢森田嬢のオーラを
「ラオウの剛の拳」とすると、グー



山咲嬢のオーラは
「トキの柔の拳」とでも言うのでしょうか??晴れ



こういうオーラもアリですね。




夏希麗嬢
- - - - - - - - - - - --
どこかで見たことあるような、ような。と思ったら。
7頭道劇で一度拝見したことのある方。


で、道劇と同じ出し物。アイドル系です。
大分舞台慣れされた感じですね。音譜
ベットの表情も、だいぶ色っぽさが出てたような気がしました。。


HP
↓↓
http://blog.livedoor.jp/rei_natsuki/





ふぅ〜。感性豊かになりすぎってのも、困ったものです。ダウン
いやっ、この変化の激しい時代を生き抜くには、
妄想力、じゃなくて、創造力が必要ですからね。。
生き抜く力をつけるために、皆様、はりきってファイト致しましょう。!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)