« 2009年3月22日 - 2009年3月28日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »

若者のためのストリップ入門:タッチショー考

目次(1~100)
目次(101~)





<問題>

普段はふにゃっ、
としているけれど触ると硬くなる棒は??










<答え>


もちろんアレ、しかないですよね・・・
ワタクシ、これしか考えつきません。。






当然、、
リモコン」。(笑)
答えはこのページです。。
↓↓

触ると硬くなる、ふにゃっとした棒






---------------------------------

タッチ タッチ 乳にタッチ!
おじさんが~ タッチ!
手を伸ばして 揉んでいーるよ
かぶりつきの数だけ 待ってるおじさーん♪






思えば・・・・
ワタクシのストデビュー、
名古屋はライブシアター銀映、、
香盤1番、タッチショーでした。。



初めてのストリップファイト、タッチショー。

始めは普通にダンスショーでしたが、
一曲終了と共に、照明が落ち、
一気に、怪しい雰囲気に・・・




何も知らないワタクシは何が始まるのかと。。
おっさんが、おもむろに立ち上がり・・・・


タッチ タッチ 乳にタッチ!
おじさんが~ タッチ!


初めてのファイトで、いきなりの敗北(途中退席)を
喫したのでした・・・・∑(゚∇゚|||)






あれからもうすぐ2年・・・・
ワタクシも成長致しました!!
かぶりつきに座ることはあまりないので、、
(かぶりつきに座っている人優先で
タッチのチャンスがまわってくるのです。)

タッチすることはほとんどありませんが、
敗北することは、なくなりました!!
(セイチョウシマシタヨ)




--------------------------------


タッチショー。
特に好きと言う訳ではありません。
どちらかというと、
花電車と並び絶滅の危機に瀕しているショー。




メジャーなものより、
マイナーなものにスポットを当てたくなる性格ゆえ、
タッチショーをまじめに??
考えてみたいと。。




大岡信氏の詩
↓↓
さわる


んで、なぜか、
mixiのページが検索で出てきたんですが・・・
リンク張るのはなんだかためらわれますが、
なかなか興味深い意見なもので・・・・
ま、いっか(笑)(外部にコピーしたものか??)
↓↓
おっぱいを触る




ふむふむ。
ここには、全盲の画家の方、、の事が。。
そいえば、視覚障害の方(スト来ないよな)が
唯一感じれる(見れる)
演目がタッチショーなのか!!



世界のほとんどを視覚により認識していますが、、
視覚ってやつも、よく考えると
脳が作り出したもの、な訳で。。
本当は見えてないものも、脳が過去の経験により
補正してたりする訳で。。
ある意味、matrixなセカイでもある訳で。



見ること、にたよりすぎてますが、、
さわること、で感じること、
毎日の生活で忘れてるなぁ、とも感じます。。


-------日記からの引用-----------
見るという行為は、匿名でありうる。しかし触るという行為に匿名性は
ありえない。
見るということは、見る者も見られる者も匿名でありうるけれど、触ると
いうことは、かならず対象にかかわることなんですね。

-------日記からの引用-----------



またまた、
この文章は、奥深い。



タッチショー、そうなんですよね。。
踊り子さんと、お客さん。
2つの乳と2つの手。(?)



まぁ、ワタクシは・・・
タッチしているところを・・・・
タッチしている顔を・・・・
他の人に見られるのが・・・・


プライベートじゃ、、
モミモミしているところを、
他の人に見られる、なんてないからなぁ・・・
ウヒッ♪





--------------------------------



谷川俊太郎「はだか」
↓↓
はだか



-----------下の文章より---------------
女の子がはだかになったときに感じる言うに言われぬ想いは、
「はだか」であることが「自然」であることと離れているから。
でも「自然」であった頃を思い出させるから。

----------下の文章より----------------

うん、↑↑って、いいですね。。

ポラの時とか、、
ハダカでお客さんと、普通に話してます。。
はじめはなんだか、ちょっと
不思議に感じてましたが、、
これは、「自然」なんだなぁ・・・・と。





あら、
なんだかよくわからない感じで終わってしまいそうです。。



まぁ、春だから・・・・
ご勘弁を。。。m(_ _)m



いやぁ、気持ちいい天気ですね!!笑

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年3月22日 - 2009年3月28日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »