« ストリップファイト日誌:4頭、DXKの事。 | トップページ | 若者のためのストリップファイター入門:ストリップ、想い出は香りと共に。 »

ストリップアート入門:アート、サブカル、ストリップ。

アメブロの目次はこちら(途中まで)
劇場住所とHP
その他の劇場情報

目次(1~100)
目次(101~)

昨年9月(Sep 2007)。
カメラマンの「吉行耕平」氏がNYで個展を開き、
話題になったそうです。




その作品というのが・・・・



新宿中央公園でセックルしているカポー



それを覗く男たち



盗撮した写真。






セックルだけだと「ただの盗撮」。
マサーシー田村とあまり変わらないかと思うのですが、
覗いている人々も、盗撮されている。。
そんなところが、評価されたみたいで。





こちらの記事で紹介されています。
読み応えのあるblog。。

↓↓
世界中が日本を真似はじめた?③ ファインアートの終わりと吉行耕平




しかし、、セックルカポーに群がる男達・・・
かなり必死ですわ~(笑)
まぁ、ある意味、野外ストリップ。。。
撮影時期はちょうど、ストリップが盛り上がっていた時代と
重なるような、気がします。




-------------
この記事を読み進めると、以下の記述があります。
「芸術とサブカルの違いは顧客の差異だけ」


ぅむ~当を得た言葉。。
まぁ、、
ストリップが高級な感じになってしまったら、、
本来の楽しさは失われてしまうような気がしますけど。。




結局、「アート」って何?
ここにたどりつきます。


アート、芸術。
って聞くと、さも高尚なモノ-クラシック、絵画、彫刻等-
を思い浮かべてしまいます。
また、そうであるべき(?)かと思ってたりします。。


アートって。

自分以外の誰かを
笑わせたり、安らぎ、怒り、楽しませたり。
感動させたり、悲しませたり、新たな発見をさせたり。
心が弾けて、躍動する・・
ワクワク感や、ドキドキ感。

そんな、ものかな。




正直、初ストリップ以上の衝撃を受けたものは、、
なかなかないな。。



------
まじめに、今期の方針について語っており、、
よく見ると、鼻毛が飛び出ている。
隣で課長が笑わないように耐えている・・・


私から見たら、、これはアートになりうる、のかな。
ナチュラルでやるなら比較的簡単だけれど・・・
「アート」、人工的にやるとしたら、なかなか大変。

世間的に恥ずかしいこととされている
鼻毛を出すということ、を乗り越え、
「わざと出してる」感が分かってしまったら、興ざめ。
恥ずかしさに耐えつつ、ナチュラルを装う技術が必要。
そんな感じで、今期の方針について真面目に語る部長は
間違いなく、「アート」かと思うのです。
(もち、笑いに耐えている課長もセットで。)


ま、お金にはならないんですけどね。。

------------------


世間の批判的な目に耐え、
劇場に来る客の為、練習を積む踊り子達。

それを見て、一緒に、
笑い、癒され、泣き、怒り、感動する。。


一箇所でこれだけの感情と出会える場所を
私は知らない、かもしれません。。
実際、うっかりこんなblogを書いてしまっているし、
ヌー銅なんぞに興味を持ったり、
陰毛や音楽や照明のこと。
小劇団に興味を持ったり。
実際、ストリップは私の人生を豊かにしてくれている、
と感じます。


差し入れをする方なら、
花やオシャレなモノを探したり。。




======同blog引用===============
となれば、現在の日本発のサブカルブームは、
美や芸術をオタクや一般の人々の
手元に取り返すための反乱とはいえないか。

======同blog引用===============




ストリップ劇場。
踊り子さんとお客さんで、
「ゲイジュツ」を一般大衆に取り戻した姿。
そんなふうに、思えます。




その日の香盤、踊り子さんの調子、集まるお客さん、、
何が起こるかわからない。。。
ストリップ劇場は・・・
ヲトナのおもちゃ箱やぁ~

(古くてすみません。。)





まぁ、踊り子さん達はきっと、「アート」とかじゃなく、
楽しんでもらえたら」そんな気持ちかと思いますし。
客としても、、精一杯楽しめたら、いいな、と思うのです。。
みんなで、クレイジーになれれば、いいな、と思うのです。



いつものことながら、、
思いつくままに書いており、、
今回はいつも以上に、
まとまりなくなっちゃいました。
ご勘弁の程。





以下、岡本太郎著
「自分の中に毒を持て-あなたは"常識人間"をすてられるか」
---------------------------------
むしろ、下手の方がいいのだ。
笑い出すほど不器用であれば、
それはかえって
楽しいのではないか。

平気でどんどんつくって、
生活を豊かにひらいていく。
そうすべきなのである。
意外にも美しく、嬉しいものができる。
それが今日の空しい現代社会の中で自分を再発見し、
自由を獲得する大きなチャンスなのだ。

----------------------------------

世界中が日本を真似はじめた?② 村上隆の戦略
↑↑
これも、かなり興味深い。





|

« ストリップファイト日誌:4頭、DXKの事。 | トップページ | 若者のためのストリップファイター入門:ストリップ、想い出は香りと共に。 »

コメント

ご無沙汰しておりました
m(_ _)m
年度末で仕事が立て込み8割方死んでおりました
.
しかし、ストリップ劇場はおろかネットにすらアクセスできない毎日にもやっと終止符がうたれましたo(^-^)o
.
これからまたよろしくお願いいたします
m(_ _)m
.
.
ストリップがアートかどうかは受け取る人次第だと思いますね(゚_゚)(。_。)ウンウン
.
私は「アート」と「下世話なエロ」の境界領域にある「エンターテイメント」だと思います
o(^▽^)o

投稿: バンダナ | 2008年4月15日 (火) 20時20分

>バンダナさま
ご無沙汰しております。。m(_ _)m


あ、そうですね、、
「エンタメ」でもありますよねぇ~
お客さんも「エンタメ」の要素に見事に取り入れられており・・・

マン○マンしている、かわいい爺様とか、
ポラの時の会話とか、とか。
見事なエンタメですね。。ネタには事かかないというか。。

「何か」に凝り固まらないで、楽しく見れるのが一番ですよね。。

投稿: yuzu-3 | 2008年4月15日 (火) 20時33分

そうそう、人生を豊かにしてくれてると思います。
私の場合、オキニが出来てからですけど。
最近疎くなっていた音楽は、最新、懐かし、聴いたことないジャンルの曲まで劇場で聴ける。
特に興味のなかったダンスも、プロのダンサーはキレがあるなぁとかスト以外にも目が行き、各劇場の音響、照明、広さ、回転盆の有無などダンスに影響するものに興味が出て・・・。
また、お菓子はどこの店が美味しいとか、街中で新商品を見ると早く持って行かなきゃと思ったり、花束がお店によって全然違うことが分ったり、色々雑多な知識が増えました。
で、これまで買ったことなかったけど家族に花を買うなんて応用も。
さらにyuzu-3さんがうっかり(笑)書いてしまっているblogと出逢って、yuzu-3さんの興味あることにも興味を持ったり・・・。
ほんと、一人の踊り子さんの影響は計り知れないです。そして感謝し、ますます好きになるんだな(^o^)

投稿: ハ ナ マ ル | 2008年4月19日 (土) 04時15分

>ハナマルさま
そうですよねぇ~!!
家族に花を買う・・・そんな行動につながるってのが理想的ですね!


最近、気になってるのが、、「ベット着」。。
ネグリジェで寝る女性と付き合ったことないもので。。ストリップ見ると、ネグリジェ。なかなか萌え(燃え)ますね!!


プレゼントできたらな~、なんて。思ったり。

花やら、お菓子やら・・・
いろんな部分で磨かれますよねぇ~。。

投稿: yuzu-3 | 2008年4月19日 (土) 06時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/471373/20260942

この記事へのトラックバック一覧です: ストリップアート入門:アート、サブカル、ストリップ。:

« ストリップファイト日誌:4頭、DXKの事。 | トップページ | 若者のためのストリップファイター入門:ストリップ、想い出は香りと共に。 »