« 若者のためのストリップ入門:社交場、ストリップ。 | トップページ | 若者のためのストリップ入門:職業としてのストリップ(その2) »

ストリップファイト日誌:12結、若松劇場の事。

目次はこちら
アメブロの目次はこちら(途中まで)




「危ない世界一周旅行」(彩図社・宮部高明・\1,365)
って本を読みました。




黒人10人に囲まれてフルボッコにされたり・・・

3回位みぐるみ剥がされたり・・・

美女といい感じになったと思ったら、お金をスラレ・・・

金を持ってる人から金を取る、何が悪い!
と、ナイフを持ち全速力で追いかけてくるデビルな人・・・



日本に生きて帰って来れたヨロコビを書いておりました。
(よかったね!)




きっと・・・
ATMでお金をおろして無事に家に帰れる事は、幸せなんです。。
(↑ATMに入ったところから、狙われてます。)
車に乗って、赤信号で止まれることは、幸せなんです。。
(↑赤信号で止まると、ヤラレマス。。天国行き。)
男がレイプの心配をしなくてよいのは、幸せなんです。。
(↑もう、男も女もカンケーない!女の子はさらに、監禁されるんですが・・・・)
電車で爆睡し、隣の乗客にローリングアタックをかますのは、
幸せなんです。。

(↑電車で寝た日にゃ、持ち物全て無くなってます。。)



セカイ中の人は、めちゃめちゃアツイ毎日を送っております。(祈!)



日本でのあたりまえの毎日が・・・
実は、幸せ。。
ニッポン、ありがとう~!!



ビールを片手に、女のハダカを眺める・・・
ストリップを見る。。
なんて、幸せなことか・・・(アムロ感涙)

そんな感じ。。





ちなみに・・・南アのヨハネスブルク、かなりヤバイみたいですね。
「北斗の拳:リアルバージョン」、が体験できるらしいです。。(マジで。)
検索すると、2chのスレが出てきました。
御興味ある人は、ぜひ。
↓↓
死にたい人にお薦めの危険な街ヨハネスブルグ

そいえば・・・W杯ドイツでよかったな、、
ヨハネスブルク以外は比較的大丈夫らしいけど、、
日本人生きて帰ってこれたか・・・

--------------------


さて、千葉県船橋は、若松劇場。
いい劇場です。
近くなら、通ってしまいたくなるような、よい劇場。。



そしてまた、ストリップを半年見た中で、
イチバン楽しかった、香盤でした。






若松劇場(2007/12結:香盤)
----------
1.黒崎優
2.白川理恵
3.ヨーコ
4.若林美保
5.牧瀬茜
6.夕貴美保(引退)





なんせ、去年の事。
覚えたら、凄い。
演目は覚えてませんので、イメージです。。



1.黒崎優嬢
確か3回目。銀映、SNAそして若松。
けっこう、キャラが好きだったりします。


舞台上手下手にピラミッド。
最後に中央にもピラミッド。
頭の上にもピラミッド。
三角形が好きな方、にはお勧めです。(笑)
短剣を持ち、戦う様子を表現されていたような・・・


しかし、、荷物大変そう。。
送るならともかく、持ち歩く事は難しそうですが・・・
初日にできる演目なのでしょうか・・・
と、心配したり。



2.白川理恵嬢
背の高い、熟女系の方だったような。
タッチショーでした。


ちなみに、かぶりつきに座ることはあまり無いので、
タッチファイトはした事がありません。。
どんな顔でファイトしたらよいのか・・・




3.ヨーコ嬢
姐さん、素敵です!楽しかったです。。
柴田理恵さん、っぽく、トークも楽しかったです。。
で、演目は・・・
・かっこう
・オロナミンC
・えんぴつ
・スプーン
・ヨーコファイヤー*3




ちなみに、wikipediaへリンク
↓↓
花電車




正直なところ花電車って、「下品な芸」。
そんなイメージでした。。
が。
全く「イヤラシサ」というものが、ありませんでした。
純粋にスゴイし、芸だし、アツイ(?)のです。
(↑べつに韻、を意識したわけじゃないのですが・・・)

ヨーコ姐さんが今まで試行錯誤を繰り返し、磨いた結果なのでしょう。。
姐さんと、お客さんの一体感。
ストリップって、素敵。と感じられるステージでした。




ちなみに、、
ストリートファイター2、「ダルシム」の必殺技、

「ヨガファイヤー」を思い出すのは、私だけではないでしょう。。。




4.若林美保嬢
初。ロックな方。
スラリと長い手足がキレイです。
笑顔を絶やさず踊っていて。。
また、拝見したいと思っています。



5.牧瀬茜嬢
2回目。渋谷と同じ、白レースを舞台袖から伸ばし、傘で舞う演目。
若松、照明もキレイなんです。
緑のレーザービームが出ております。
若松の舞台にぴったりな、演目かと思いました。




6.夕貴美保嬢
最初にして、最後。引退されてしまいました。
ポラ、すごい売れ行きで。
あんなに人が並んでいるのを初めて見ました。
見た感じは、普通な(と言うと失礼か・・・)感じで、
とてもまじめそうな印象です。
しかし、これだけ多くの人に愛されている・・・
9年間の努力の成果、であると思いました。



演目はいろんなジャンルのミックスステージ。
花魁~ショーガール~サンバ系~ベット
な、感じだったでしょうか。。
ショーガールは、若松で初めて見た「ミルキーウェイ」からの登場。




一回り見て帰りましたが、最高に楽しい時間でした。
また若松、行きたいな。

|

« 若者のためのストリップ入門:社交場、ストリップ。 | トップページ | 若者のためのストリップ入門:職業としてのストリップ(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/471373/9830934

この記事へのトラックバック一覧です: ストリップファイト日誌:12結、若松劇場の事。:

« 若者のためのストリップ入門:社交場、ストリップ。 | トップページ | 若者のためのストリップ入門:職業としてのストリップ(その2) »