« ストリップアート入門:文化としての、ストリップ。(その1) | トップページ | 若者のためのストリップ入門:社交場、ストリップ。 »

若者のためのストリップ入門:スト用語の基礎知識(その2):造語編

目次はこちら
アメブロの目次はこちら(途中まで)




こんなん見つけました。。
↓↓
日本の性文化が開放的な理由



日本って、バイ。な国だったんですね。。
バイっても・・・


男→(男and女)
ほぇ~。。





平治の乱は・・・掘った掘られたな事が絡んでいるそうな。

武田信玄が男に送ったラブレターが残っているそうな。。

ほほぅ~、信玄さん。そっちも、「風林火山」だったんやぁ~




とかとか。
これは殿様レベルのお話だから、一般庶民はどうだったのか・・・




まぁ、一般の方が質問に対して回答したもの。ソースが明らかにされていないから、すぐに、「あ、それダウト!」って確認する術はないのですが・・・
にしても。
けっこう、、オモロイやん、日本。
文字でしかなかった、日本史の登場人物が、人間らしくより鮮やかに見えてきます。。
そんなことを聞くと、、眠くてたまらなかった日本史の授業が楽しくなりそう。。






ゲイ大国アメリカよりも、、めちゃめちゃ進んでたんやなぁ~日本。
性進国ニッポンですよ。





なんだか・・・
うっかりエロ研究家になりつつあります。。
こーなったら。
目指せ、一億総エロ国!
ワタクシがじじいになった頃に、、
高校の体育の授業で「エルとかスワンとか・・・」
が採り入れられてればいいな。

(まぁ、無理。)





-----------------------
前回、あまりにてきとーに、思いつきで書いてしまった為、困ったことになりました。
あるカテゴリー毎にしておけばよかったな、とか。。
Bを説明するためには、まずAについて書いておかねばならない、とかとか。




ん~、な訳で今回も思いつくままに。。。





ポラ童貞(ぽらどうてい)
ストリップにおけるポラロイドショー(きっと後の回で説明すると思いますが・・)
ポラをまだ撮った事のない人の事。
(↑ワタクシが勝手に作っただけのコトバ。)



ふつーに写真を撮るだけなのですが、、おっさん環視の下、写真を撮るのは非常に緊張致します。慣れると大したものではないのですが・・・初せっくるの1/5位の緊張度でしょうか。衣装を撮るにしてもです。
たまに、ポラ撮影初めてかなぁ~と思われる方・・・緊張の余り・・・なかなかシャッターを押せない方とかいらして。。




でも、心配はいりません。。ちゃんと「おねーさん」が親切に教えてくれるのです。
そして、無事撮影を終えた際には「おめでとう~」なんて言ってくれるかもしれません。
新たな世界が開けること間違いなし。一生忘れられない初ポラ体験となることでしょう。





ワタクシは・・・数回観察してから風林火山した(?)のでさほど問題はなかったです。
何人か撮っているのを観察すれば、だいたいどんな感じか分かるはずです。




例文1)ワタクシのポラ童貞は、もか姐さんに・・・
(こんな書き方すると、ヒジョーに恥ずかしいが、、姐さんありがとう~!)





(参考)
ワタクシの中のポラLv.(PLv.)
PLv0:ポラ童貞
PLv1:衣装
PLv2:脱ぎに並ぶ
PLv3:脱ぎオーダー
PLv4:スタンダードポーズ
PLv5:てんぐ
PLv6:かえる
PLv7:イスM




まぁ、あれです。人それぞれなんです。
何がよいとか悪いとかはなく、とりあえずいろいろやってみて、自分の道を見つけることができるのかな・・・と。
うなじがすきならそれを徹底的に追求するとか・・・
衣装でも、スタンダードポーズでも、いろんなコダワリ方があるんでしょうね。。




純粋にそんな、写真が欲しい。
写真を撮る行為が好き。
お話できるのが楽しい。
唯一の差し入れタイム。
楽しみ方は人それぞれ。

見てるだけは暇なので、まぁ、個人の責任で、参加すると楽しいかもしれません。
ワタクシは、やる・やらないにしても、とりあえず試してみてから判断する事にしており。。
食わず嫌いはモッタイナイ。。
(ちなみにワタクシは今のところ、、PLv4。)








マ○コマン(ままるこまん)
アンパンマン。スーパーマン。ヤッターマン。スパイダーマン。
「~マン。」ってのは基本的にヒーローに決まっています。
つまり、ストリップ劇場のヒーローの事。
主にスト劇場のカブリツキに出没するようです。

(が、専ら迷惑客に対して使われるようです)




しかし・・・
このままでは、あまりにストレートすぎるので、
「まる子」とさせていただきます。m(_ _)m
まぁ、どの程度で、「まる子」と呼ばれるのか・・・よく分かっておりません。
が、ワタクシの経験からすると、以下の必殺技があるようです。。





まる子の必殺技:その1
ディフェンス一本(でぃふぇんすいっぽん)
バスケの応援より。(ワタクシが勝手に使っているコトバ)
まる子のディフェンス力はかなり高いと思われます。
その座席のキープ力たるや、スト界のロナウジーニョ。

なかなか隙はありません。
それはまぁ、そうです。いい席はなかなか取れない訳です。
でも、後ろのお客さんにも多少気を配りつつ、楽しくカブリツケば問題はないと思われます。





まる子の必殺技:その2
ローリングアタック。(ろーりんぐあたっく)
まる子の必殺技。かつ問題な行為。(ワタクシが勝手に使っているコトバ)
電車に乗っている爆睡乗客が激しく左右に揺れる様より。




まぁ、何と言えばいいやら。
そこまで・・・そんなに・・・と、ある意味リスペクト
コトバでの説明は難しいので、図説。
A,B,Cはお客さん。下矢印(↓)が踊り子さんです。
踊り子さんは、A,Bの間から見えるよう後ろのお客さんにも気を使ってくれたりするのですが、、(図1)
図2ではCはAの(まる子)ローリングアタック(右に体を傾ける)を受け、見ることができません。。


図1               
-------
  ↓
A  B
   C
-------


図2
--------
  ↓
AAB
   C
-------




こんなに熱心に見てくれるお客さん、、
もしかすると、一番「見せがい」がある方なのかもしれません、踊り子さんにとっては。
しかし、Cさんのように見たくて妨害された人、殺意を覚える方もいるかもしれません。
気持ちは分かるけれど・・・、ちょっと周りに気を配って、みんなで楽しく見れたらいいですね。。





でも。
まる子。はストリップの原点。
なんだかんだ言って・・・
ハダカじゃなかったら、ストは多分見に行かないかもな・・・
がっつり見えなくても、やっぱり多少は・・・
複雑なるかな、男心。風林火山!




まる子。
必殺技を繰り出さなければ、かわいいものです、きっと。







例文1)今日は前にまる子がいた為、テンションダウン。







カブリクライマー(かぶりくらいまー)
ファミコンの名作、アイスクライマーより。(ワタクシが勝手に使っているコトバ)
カブリツキを狙うお客さんの事。



都心の劇場は・・・座席アラソイ激しいですね。。
電車の座席取りよりも激しいかもしれません。


前列のお客さんがいなくなると、ソッコーでその席に荷物を置く。
荷物を置いた後で、ゆっくり座席移動。
そんな感じで、、後列より徐々に最前列のカブリツキへ移動していきます。
クライマーですよ。まる子の高みを目指して、戦うのです。。
そんな技は、スト劇場で初めて目にしました。。




例文1)スト客はなぜカブリクライムするのか?
    なぜならそこに、カブリツキがあるから。







今回は・・・あまり役に立たない(ってか、使われていない)スト用語でした。。
m(_ _)m

|

« ストリップアート入門:文化としての、ストリップ。(その1) | トップページ | 若者のためのストリップ入門:社交場、ストリップ。 »

コメント

yuzu-3さん、遅くなりましたが、あけおめことよろです。書こう書こうと思いつつ今になり・・・。

例文:オイラはカブリクライマーですが、まる子ではありません。

先日、SNAに行ってきたのですが、平日開演前に入り、盆右横から徐々にセンターへ移動。3回目にはセンターにたどり着きました。でも空いてるときは、立ち見で舞台全体を観たり、色々楽しんでます。
センターにたどり着く前、隣にまる子ちゃんがいました。ローリングアタック、繰り出してました(^o^) しかも、図解では後列Cの迷惑となっていますが、盆が円く、座席が直線のため、Bに座った私の前方の空間にもアタック。私はカブリ席なのに隠され、見えない(笑)
このブログ読んでたので、何だかすごく笑えました。まる子、頑張ってるなぁ、って。

ちなみにカブリ席の魅力は、クリエイティブホール凝視だけではなく、踊り子さんの細部(表情、ネイルアート、時にダニ跡・・・)とか、ドレスのデザインや小道具がハッきり見ることがでること、およびいじられることであります。
複数回観られるときには一度カブリツキー粒子の濃いエリアに座るといいと思います。

投稿: ハ ナ マ ル | 2008年1月13日 (日) 16時33分

>ハナマルさま
よい一年になりますよう、心よりお祈り申し上げまっす!


おぉ~、A→B攻撃(Bクイックとしますか~(笑))
それはすごいですね~。
まぁ、2,3回程度は、カワイイなこのおっさん!って思うのですが、あまりに連続攻撃されると、さすがにムカついてきますよねぇ~(怒)

カブリツキは、たしかに、いじってくれたりするのが楽しいですよね。演出で、いぢるのが入ってたりしますものね。これだけの密着型舞台はストリップならではの楽しさですよね。。


やっぱり、今でも不思議と靴のサイズに目が行ってしまいます。。

あ~、残念ながら、、SNA行けなかったです。。
浜野さん、仙葉さん、平松さん、見たかったのになぁ~~(泣)

投稿: yuzu-3 | 2008年1月13日 (日) 22時56分

仙葉さんのステージで芝居仕立ての『花魁~吉原炎上』の演目でカブリツキの良さを特に感じました。この演目、身体の動きだけでなく、表情、息遣いでも演技しており、まさに彼女は女優。盆周りで観ていて、視線で落とされました(ゾクゾクしました)。カブリつかないと落とされないでしょう。

ご想像の通り、1頭のSNAは見応えありました。
明日(日付変わって今日)、またSNAに行きます。
今度は若い魅力を感じてきます。・・・オキニが一番お姐さんの香盤なんて初めて・・・。

投稿: ハ ナ マ ル | 2008年1月14日 (月) 00時35分

>ハナマルさま
遅くなり失礼致しました。。m(_ _)m

ですよねぇ~1頭SNAを見逃したのは・・・悲しいです。。シクシク・・・


おぉ~、香盤順!長い間見てると、いろいろ感慨深いものがあるらしいですね。まだ、その境地には至ってないです。。デビューから見てると・・・尚更ですよね。。

投稿: yuzu-3 | 2008年1月16日 (水) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/471373/9764349

この記事へのトラックバック一覧です: 若者のためのストリップ入門:スト用語の基礎知識(その2):造語編:

« ストリップアート入門:文化としての、ストリップ。(その1) | トップページ | 若者のためのストリップ入門:社交場、ストリップ。 »