« 2007年12月9日 - 2007年12月15日 | トップページ | 2007年12月23日 - 2007年12月29日 »

ストリップファイト日誌:12後半、浅草ロックの事。

目次はこちら
アメブロの目次はこちら(途中まで)





そいえば・・・
舞台での踊り子さんの、おぱんつは
ほぼ100%「Tバック」です。。
Tバックって、一度着るとヤメラレナイ、
と女の子から聞いたことがあります。。



ワタクシは自由を求めるトランクス派ですが、
(まぁ、別にどーでもいいお話ですが。)
ごく稀に、うっかりケツにめり込んでしまうことがあります。
イワユル、Tバックトランス状態。
これがまた、不快この上ないんですね。。
これ、女性が着用する「Tバック」にかなり近い状態なんですが・・・
やめられなくなるんですかねぇ・・・
疑問。




高校の修学旅行の時に、スカートを借りて履いてみたことがあります。
(アトラクの為ですよ!)
えらい、下半身がスースして、ぱんつ一丁で歩いているようでした。。
(開放感があるといえば、ある。)
よく、これで街を歩けるなぁ、と感じたものです。。
スカート+Tバック、ってかなりキケンでは・・・
ノーぱん、と変わらない・・・
でも、布一枚のガードの安心感ってあるんでしょうね。




---------------------
今まで公演中の香盤演目については、
ネタばれやその他諸々を考慮して書かないでいたのですが、
この浅草ロック座公演に関して、ネタばれするほど・・・
演目について覚えていないことが判明しました。
という訳で、ま、いっか。
と、なった次第。。



90分ぶっ続け。
フィナーレ時に踊り子さんの紹介がありますが、
踊っているときは、名前がわからなかったし・・・
2人での景では更に、どちらがどちらだか・・・
しかも、見たのは一回だけ・・・
そんな訳で、大変失礼な事とは思いますが、、
覚えてなかったりで。



今回は、外国人ダンサー、いらっしゃらなかったです。
出演される時、見に行きたいな。。



浅草ロック座 香盤
12後半(12/11-30)
----------------
1景.泉星香(草凪純、かんな、森下陽子、
桜澤まみ、佐藤美砂、松田美咲)
2景.かんな(森下陽子、吉沢伊織)
3景.吉沢伊織、沢尻心
4景.桜澤まみ(草凪純、かんな)
5景.佐藤美砂、松田美咲
6景.森下陽子(泉星香、沢尻心)
7景.草凪純(泉星香、桜澤まみ、吉沢伊織、沢尻心、松田美咲、佐藤美砂)
8景.フィナーレ(全員)


森下嬢は20日まで。
--------------


初め、今回のトリ、草凪純嬢の口上(録音)が流れます。
早いもので今年も・・・私たち踊り子の・・・
身も心も温まるよう・・・お楽しみ下さい。。
↑↑
(一回聞いただけだと、こんなもんですか??)



オープニンングは全員で。アメリカンROCKな感じでスタートです。
サテン系パステルカラーなシャツとパンツと帽子で。
ノリノリかっちょいい系です。

1景.泉星香嬢
あー、AVで名前は知ってます。
長瀬あいさん、堤さやかさん、あたりまではAVの方知ってますが、
同じ頃活躍されてましたよね。。
なんだか、とても自然で落ち着いた笑顔・・・でした。
ベッド着は厚手の白のロングドレス。
プリケツで、Tバックがとてもよく似合ってます。。
しっとりとした、ポーズベットでした。



2景.かんな嬢
クリスマスモードな衣装とダンス。
くまさんのぬいぐるみが登場します。
腰を痛めておられるようですが、
柔軟かつ豊満なポーズをバシバシ決めて・・・
移動盆でハケつつ、曲の歌詞を手話で。
とてもハートがこもっているのが感じられ、ジーンときました。



3景.吉沢伊織嬢、沢尻心嬢
おっ、意外と覚えているのかと思いきや、ここからが怪しい。。
どとらが、どちらかよくわからなかったんですが・・・
黒系衣装に、ロックな曲。
オープンショーちっくに、2人でポーズを切ってたのは覚えてます。



4景.桜澤まみ嬢
小顔な方ですね。。
広いステージだと、より際立って見えるような気がします。
和服・・着物を着ていたように記憶してます。



5景.佐藤美砂嬢、松田美咲嬢
いやぁー、多分キヲクの容量が4景分しかもたなかったのかな・・・
すっかり欠落しております。
いつか、また拝見したいと思っております。



6景.森下陽子嬢
ポール、が少しだけ演目の中に入っておりました。
少しだけですが、ポールの動きがスゴいんだろうな・・・と
ソロで見たいなと思いました。
浅草のポール、えらい、長い・・・
7M位あるんですかね・・・
それを、かなりの高さ、5M位登ってはりました。



7景.草凪純嬢
トリの貫禄ありまくりですね。。
人生の酸いも甘いも・・・いろいろ乗り越えた強さを感じます。
間違っても、敵には回したくない、と感じる方。
出るトコは出て、凹むとこはヘコんでいる、ナイスな
ボディを堪能致しました。



浅草、一回目は初めの頃に見に行って、
二回目は楽日あたりに見に行くと、
違った感じで楽しめるかもですね。。
次、見たい香盤があったら、
楽日近くに見に行けたらいいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

若者のためのストリップ入門:香盤、の事。

目次はこちら
アメブロの目次はこちら(途中まで)




ワタクシのちびっこ時代。
今のように、汚れにまみれておらず・・・
きわめて純粋だった時。




野球ちびっこでした。。
ナイター中継。
それはそれは、父の権力に勝てるわけもなく、
仕方なく見ていたのですが。



今から思い返しても、あの頃のプロ野球は楽しかったなぁ~、と思う訳で。
楽しかった頃の巨人の打順。
↓↓
==========
1.松本
2.篠塚
3.中畑
4.原
5.クロマティー
6.吉村
7.??
8.山倉
9.ピッチャー

(↑とーぜん、ググって出てきたやつですが・・・)
==========
あ、こんな感じだったかな。と懐かしく思い返します。
(まぁ、ちびっ子だったので、父の受け売りだったりしますが。)
松本さんよく自打球してたなとか、クロマティーとか、
キャッチャーの山倉とかよく覚えていて。



で、阪神にはバース様がいて。
楽しかったんですねぇ~。




それ以降、なんだかつまらなくなって、見なくなってしまったな。
今じゃ専らマイナー系派。
特に理由はないけれど、メジャーなものに、反発?な気持ちがあり、
流行モノには興味はあまりなく、、流行前か、流行後の枯れて来たときに味わう派。
ストに興味を持ったのも、そんなところがあるから(?)なのかもしれません・・・
メイド喫茶もそろそろ、枯れてきたかなぁ~と思ったりしてます。





言わずもがな、野球の打順も、作戦の思惑があって、、
トップバッターが塁に出て、3番4番で点を取る。
そんな感じですよね。。(いや、もっと奥深いと思うけれど。。)
------------------
さて、ストリップの香盤。


劇場側が所属にオファーを出し、香盤を組む。
じっくり見ると、その劇場の力(?)とかセンス。
出演者の事やら、見えてくるようで、奥深いですね・・・





スト通な方であれば、出演者がおおよそ決まれば、
あらかたの出演順は予想できるんでしょうね。。
(順番は、直前にならないとわからない・・・)
人気商売なだけに、上手い下手ではなく、集客力によって。




トリの方。が普通は最も人気があると思われる方。
やっぱり、、貫禄というか、醸し出す雰囲気があります。
4番バッター。ですね。。
平日の4回目、なぞは、、遅くならないよう早く帰ってしまいたいけれど、
その後ろ髪を引っ張ることができるチカラ。
ゆーても、同じ客が残っていても、劇場に収入は増えないけれど・・・
その、トリの方だけでも見たい、ってことで客を呼べるチカラ。かな。。




踊り子さんの意向ではなく、
きっと、劇場側に決められてしまうことなので・・・
うっかりトリ。
上手い姐さんいる中のトリ。
だったら、めっさ緊張でしょうね。。
金本や松井や中村がベンチにいるのに、オレ4番。
みないな、みたいな。
びびって、ちびりそうです。




トップの方は、、初めから客を呼ぶチカラ。なんですかね。。
野球のトップバッターと同じかもしれません。
初めから客がいると、、ポラや飲み物やらで客単価上昇を見込めますものね。。




後は、傾向やジャンル・・・
日舞、ヒップホップ、かわいい系、エロ系、SM系・・・
同じような出し物、雰囲気が同じだと飽きてしまうから、
程よくいろんなジャンルの人をミックスしたり。。
そんな工夫はきっと、あるのかと思います。




いつか、ワタクシも、香盤を見て、ニヤケルことができるのでしょうか??





香盤。
それは、きっと。
劇場としての、ひとつの作品。
単に上手い下手、エロいエロくない。
個々の踊り子さんもまぁ、それはそれとして、
香盤、出演者全体として、どうなのか、って見方も最近できるのかな・・・
と思ったりしております。。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリップファイト日誌:浅草ロックの事。(その2)

目次はこちら
アメブロの目次はこちら(途中まで)




ポケットティッシュを出したところ・・・
渋谷の香盤表(小っちゃい紙切れ)が
挟まっており・・・
危機一髪。。
いやぁー、危なかったな。。

ちょっとえっちぃ、ポラ写真も、なぜか
カバンに入りっぱなしになってた事もあり、
気づいた事の焦り様。
中学みたいに、持ち物検査なんてないケレド・・・
そんな危険を乗り越えて、オトナになっていくんですね。。



---------------------
そいえば、、
「はとバス」の「宴会パック」の中に
浅草ロック座、あるんですね。。知らなかったなぁ・・・
トップにある・・・
「ニューハーフがご案内 魅惑のX'mas」
ってのも・・・無性に惹かれますが・・・

酔って楽しく、ハダカを見る。
それでちょうど、いいのかもしれません。。




さて、浅草ロック座。
他のスト小屋とは、かなぁーり、趣が異なり・・・

どちらかというと・・・
「ミュージカル」に近い感じがしました。。
途切れることなく、流れるようにショーが進み・・・
前で踊ってる人が衣装替えでハケたら、
後ろの人が踊る。ってな感じで。
香盤表にカッコで書かれている人が、後ろで踊る感じになっているんですね。。



一人、うまければいい、ってところじゃなく、
みんなそろってないといけないところが、大変ですね。。
15日、区切りなワケがわかった、ような、ような。



今まで見てきたポラ小屋の演目は、
振付てもらっても、ある程度自分で考えて作ったものかと思いますが、
ここはきっと、ステージプロデューサーの方が構成・振り付けをした通りに
やらないといけなそう。
多少、自分のパートでアドリブできるのかな。。
自分で考えたやつじゃないから、なかなか振りが入ってこない、というか覚えられない、、
ってことはありそう。。
まぁ、他のスト小屋とは違う一面が見れたような、気がします。
これはこれで、また一興。



景の最後に、普段のオープンショーっぽいのを取り入れていたり、
そのままベッドショーで終わったり。。
のっぺりしないような、工夫がされています。。




ポラ小屋では、ポラ時に差し入れしますが、ここではそんな触れ合いタイムはなく、、
ベッドショーを終え、礼をした後、移動盆でステージに戻りますが、
移動盆に戻るその瞬間、の勝負。
ステージ中ではあるので、客は差し入れのセンス、
踊り子さんは、舞台センスが問われます。。
シビれますねー。。



今、トリは草凪純嬢。
って、、加納瑞穂さんだったんですね。。
昔、息子が少々お世話になりました。
先輩からの伝授品として、授かったようなキヲクがあり。
いや、でもなんだか全く雰囲気が違いました。。
帰ってから調べてわかったけれど、
なんだか、今でも信じられない気持ちです。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ストリップファイト日誌:浅草ロックの事。(その1)

目次はこちら
アメブロの目次はこちら(途中まで)




「観劇」、このコトバが最もふさわしい劇場。
浅草ロック座
行って参りました。



浅草行くの、かなり久しぶり。。
東京に住んでいるとはいえ・・・
観光?とかじゃないと訪れることはない街。
5回公演になり、平日でも寄ろうと思えば、
なんとか頑張って寄れるデス。



いつもなら、見た週が終わってから書いてるのですが・・・
12頭はスト観劇はしなかったのと、
ポラありなしとかへの話題も広がるしで、
「えいやっ」で書いてみる事にしました。。
(えいやっ、って初めて使ってみましたが・・・、もうやめとこ。。)




そいえば、リンクに、AV女優→ストリッパー
現在はお母さんをしてらっしゃる方がいます。

その方(eromamaさん)のblogに、
ロックの姐さんと一緒の劇場に乗った時の気持ちが書かれておりまりた。
老舗大企業、に接するのと同じような感じなんですかね??
(ネット系の会社じゃ・・・
NTTとか、キャリア系会社と同じような感じなのかな。。)
新宿loftでの、みわひろお、さんのお話によると、
浅草ロック、昭和23年頃からと言ってたよな・・・



そのロックの総本山、浅草。
普通にスクリーン張って、映画でも見れそう・・・
な、立派な劇場でした。



まぁ、ワタクシ。
スト入門からポラ小屋育ち・・・
これまた、ここは。新鮮でした。。



-------------------
伝統と大衆芸能の街、浅草。
下町文化があふれてます。
通りすがる人も、外国人観光客が多いですよね〜
銀座線を降りて徒歩10分位ですかね、
途中、浅草の街をぶらりとするのもなかなかです。
ロックは行ったことなかったので迷子にならないよーに
大通り沿い、右手に雷門を見て。




ロック、って、六区。だったんですね。。
浅草ロック通りは、寄席の劇場があったり、なかなかですね。。
通りを説明しているサイトを見つけました。

↓↓
浅草ロック通り




スト劇場は入口が「お祭り」な感じ、
昭和バブリーを感じさせるところが多いですが、

ここはそんなことはなく、入り易いです。
階段を上り二階にテケツ、入り口があり・・・
階段で、若い女の子の集団とすれ違いました。。
笑顔で楽しそうでした。。



入り口を入ると、ロビー。
奥でミニバーやってます。



左手に劇場。
天井高いよ~
広いよ~
照明もキレイ~
座席は160席位ですかね、
映画館にあるような、肘掛け付きのイス。

ここの盆に最も近い席。
盆まで1M近く離れているかな・・・
カブリツキー粒子濃度は極めて薄いと思われます。
TSのような濃厚なものに慣れてしまっている、
カブリツキー症候群の患者の方には、
少しもの足りないかもしれません。(笑)




渋谷の「モッコリせり上がり盆」もびびりましたが、
ここは、盆が移動します。。
ステージに中央あった盆が、花道の先端に移動。
ぶったまげました~
それに乗って踊り子さんは花道を移動するのですが・・・



それは例えるなら・・・
カタパルト。
(ホワイトベースからモビルスーツが発進するために、乗るやつなんですが)


まぁ、
あんなに速いと踊り子さんは死んでしまうので、
カタパルト(移動盆)はゆっくりと花道を移動し、先端の回転盆へ。
(つまり、盆が2つ!)




ベットショーの照明は、高い天井のやや斜め上から。
これまた、キレイ。

名作アニメ、「フランダースの犬」感動のシーンが思い出されます。
そう、パトラッシュとネロが天に召される時、
教会の天窓から天使と共に注がれる光。

まさに、あの光・・・あのシーンがここにあるとは!!

「パトラッシュもう疲れたよ・・・」
劇場に集う、仕事に戦い疲れた男たちを・・・
癒やしてくれているんですね。。



スモークもステージを見た時には、広いステージの
上下左右まんべんなく拡散していて・・・




ほめちぎり、ばっかりになっちゃって。
突っ込みどころが少ない、、というか、無い。。。
紹介としては、イマイチです。。
確かに。。
いい劇場です。。
女性を連れてくるなら、間違いなく、浅草ロック。



つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月9日 - 2007年12月15日 | トップページ | 2007年12月23日 - 2007年12月29日 »