« 2007年10月7日 - 2007年10月13日 | トップページ | 2007年10月21日 - 2007年10月27日 »

若者のためのストリップ入門:カブリツキ入門(その2)

目次はこちら



Noblesse oblige



なんとも、崇高なコトバ。
エリートがエリートたる所以です。



塩野七生著「ローマ人の物語」
をこよなく愛しておりますが、
共和制ローマ時代のエリート達は、
この精神にあふれていたそうな。



今日本の政治家、エリートと呼ばれる人へのイメージは・・・
危険などがあると真っ先に逃げたり・・・
地位の低い人を犠牲にする姿。
そんなイメージ持つの、私だけでしょうか・・・



美しい国・・・と、阿部さん言ってましたが、
真に美しい国となることができるのでしょうか。。
まぁ、ワタクシ達の課題と言うべきでしょうか。。



さてさて。
- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - - - - - -


カブリツキ オブリージュ。
なんとも、崇高な(?)コトバ。



カブリツキに座り、かぶりつくように、そこ、を見る。
ワタクシもファイターとして、1,2回試してみましたが、
その境地に至るには、まだ遠いようです。。。



やっぱり、特別な席のように感じられ、
その席に座る人、の、責務というか、義務というか・・・
感じてしまいます。。



それは・・・
踊りや舞台を盛り上げる、義務とでも言うのでしょうか・・・
他のお客が注目している中、
オマタの間をがっつり、のぞく事ができる勇気。

ワタクシは、へたれなもので・・・
なかなか、かぶりつきに座る勇気がございません。。



あとは・・・
平日等、お客が少ない時は・・・
かぶりつきに踊り子さんが、売りに来たりします。。
買う気はないけれど・・・
買う優しさも必要なのかもしれません。。




IT'S
カブリツキ オブリージュ。
まさしく、ストリップ劇場におけるエリート達。
ストリップ劇場の、その日の精鋭達。
不思議なもので、なぜか、
顔が斜め45度に傾いております。





カブリツキ オブリージュ。
ワタクシが、その境地に到達することができるのでしょうか・・・




ワタクシの30、40年後。
明るく楽しい、エロじじいになりたいと思っております。
ダンスパーティーで、
「ねぇちゃん、いいケツしてるのぅ〜」
って、タッチできるような。
でも、なんだか、憎めないような、エロじじい。



エロポラ、別に欲しくはないですが・・・
苦手なことに挑戦してみることも大切なのか・・・
明るく、楽しく、エロポラ撮れるようになったら、
そんなじじいになれるのかなぁ・・・


あ、でも「エロポラ」撮るなぁんて書いてしまったら、
法律に触れる可能性もあるし、
法律に触れない程度の「エロポラ」=写真集とかにある感じ??
と、ここでは書く必要があります。。



人生は挑戦ですね!!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ストリップファイト日誌:10頭、渋谷道劇の事。

目次はこちら



ファイターを名乗ってるくせに、
ファイターじゃないんじゃないですか??ちかごろ。



との、お便りを頂きました。。yuzu-33さんから。
はい。自作ジエン。




まぁなんでしょうか、なかなか、です。。
「これはっ!」と思える方に巡り会うのは・・・・
難しいんですね。。



かわいい、だけじゃなく。
ダンスが、うまいだけじゃなく。
スタイルがいい、だけじゃなく。



コトバでは、表すことのデキナイ、何か。




もしかしたら、踊り子さんだけじゃなくて、
その場に居合わせたお客のせいでもあるし、
劇場の作りや、女の子の日で調子悪いこともあるだろうし。



自分が思う「これはっ!」な、瞬間。




どちらかというと、
「うぉぇっ、酒が抜けなくてさぁ〜」
「飲まないと、やってられないさ〜」
でも、ステージは素敵。



なぁんてな方が人間味あふれてて、
個人的には、そんな方に興味を持ちますが、
今はポラ売れることが大事ですので、
そういうのは、難しいでしょうねぇ〜〜




日誌は書いてなくても、地味なファイトを続けております。
行っても書いてないやつも、実はあるし。




いざ。



- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - ----



渋谷道劇 10頭
- - - - - - - -- - - - - - - ---
1.寺丘早織
2.麻吹サヨリ(debut)
3.川村美沙
4.桜井アンナ
5.朝倉希
6.春風るな
7.羽月澪 (3YAnniv.)



ものすごく、久しぶりの道劇。
やっぱり、照明キレイ。
盆がせり上がるって、すばらしい。
スモーク出る劇場って、実は貴重。
設備に合った劇場の広さなのね、と、納得です。



道劇娘コンプリートに近かったので、他劇の方見ようと
足が遠のいていたのであります。。



寺丘早織嬢
残念ながら、間に合わず、ポラタイム。
スレンダーな方ですね、一度拝見してたかなぁ・・・



麻吹サヨリ嬢
この週デビューの方。
道劇HPの写真では、「子アライグマ」っぽい写りですが
実際は、かなりキレイでした。
髪型のせいもあると思いますが、アメリカの女優さんっぽい感じの方です。
かわいい、よりは、美人な方。

演目は覚えておりませんが、デビュー週にしてなかなかです。
かなり練習を積まれたのか、もともと素質があるのか。
これから、素敵なステージを期待してます。。




川村美沙嬢
う〜ん、あまり思いだせません。
確か黒系、ステッキを持って・・・なはずです。



桜井アンナ嬢
デビュー後2回目の舞台でしょうか。。
雰囲気は羽月嬢と似たものを感じました。
さっそく、お姐さん。なんですね。



朝倉希嬢
以前、本庄嬢と一緒だった渋谷以来の観劇です。
更にパワーアップした感じでした。
確か着物を着て、ヒップホップ系の激しいダンスだったように
思います。


きっと、学生の頃は体育得意だったんでしょうねぇ〜
運動神経の良さを存分に活かしたステージでした。
きっと、バスケ部のガード。 私の勝手なイメージ。
安定していつも、素敵なステージを期待できる方。ですね。




春風るな嬢
大きな羽を2枚使った、貴婦人なダンス。
やはり、大きな特徴は目力、だと思います。
目力、すごいです。
あ、そうそう、道劇と言えば、オナベですが・・・
ホームで、ポーズベットでした。



羽月澪 (3YAnniv.)
2回目の観劇になります。
3周年、だったんですね。。
モデルやっててもよさげですけれど。。
お姫様ダンスでした。



と、取り急ぎです。
やっぱ、忘れちゃうなぁ〜泣
劇場でメモってる方いますが・・・


ま、忘れちゃっても、いっか。
その瞬間を楽しめるように・・・
私も精進いたします。m(_ _ )m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若者のためのストリップ入門:ストリップ、歴史を少々。(その2)

目次はこちら


あ、どうもご無沙汰しております。
いやぁ〜最近なかなか書く時間がなくてです。



そいえば、こないだ、たまたま
「ささるぅ」
って番組みました。確か月曜の深夜だったかな。。
昨日は見逃しました。



番組HP
↓↓
http://www.ntv.co.jp/sasaru/intro/index.html



番組概要を少しばかり引用すると・・・

- - - - -引用- - - - - - - ----
「ささる」とは・・・
広告業界でよく使われる動詞。
明確でブレのないコンセプトのCMやコピーなどが、
ターゲットである購買層の心を
ピンポイントで射抜くという意味。
この言葉、恋愛にも当てはまります。
ピンポイントで射抜く言葉や行動をとれば、
好きな女性のハートにささるのです。

----ここまで- - - - - - - -



甘いマスクの斉藤祥太
あまりモテるイメージのない、矢作がレクチャーするというもの。


「ブラックバラエティ」ばりな、
地味な面白さがある番組。


私が見た時は・・・
ゲストの安田美沙子たんが・・・
「髪の毛優しくなでられると、ささる〜」
と、言ってはりました。
優しいタッチは、ささるのですねぇ。。。




面白いデータを番組で流してて
女性から見た男性のカラダの好きなところ。

1位 胸。
  これはなんだか意外でした。
 Vネックとかちょろっと胸元が見えてるのが、
 ささるらしいです。

 男→女ももちろん、胸でした。
 やっぱ、谷間は見てしまいます。


5位までありましたが、詳しい順番は忘れてしまいました。

手首やうでの血管
手首に出てる骨のでっぱり
背中
首筋


とかだったかな。。
なんだか、マニアック。
血管、いいんですかねぇ〜
本能的な、何かなんですかねぇ〜




ワタクシは・・・
やっぱ、フトモモですかねぇ・・・(^O^)/
でも全部見えてしまっては、ダメなんですよねぇ。不思議と。
マルキシの裸だと、テンションは下がりますが、
その場合は、骨盤がすきかも。。
特に、ウエストからのラインが。
あ、ちと、マニアックなお話になってしまいました。。。


- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - - - - - --

60年。
らしいですよ、今年で。


先月(だったと思う。)
新宿は歌舞伎町、サブカルチャーの殿堂こと、
「新宿 loft plus one」
にて、ストリップのトークライブがありました。
いやぁ、こんなトコがあったんですね。。
ありがとよ、ストリップ。
ここは、エロから、政治、宇宙までいろんなジャンルの
トークライブをしているみたいです。。



で、
ちょうど、本を読んだ
日本ストリップ50年史の著者
みかわひろお氏がいらしたので、行ってみました〜



まぁ、少し期待はずれな・・・内容でしたが。




始まりは昭和22年
マージャンの漫画「哲也」の舞台がちょうどその頃なので、
イメージがつきます。戦後まもない頃。



その頃、浅草ロック座ができたんですねぇ〜
ロック系はいわば、伝統ある老舗な大企業な感じなんですかねぇ??




道劇、TS、ロック、ミカド、東洋、九条OS・・・
多分、はじめの教育の仕方、方針によると思うのですが、
所属劇場により、所属の踊り子さんにも共通した特徴があるのが
だんだん判ってくるようになりました。。

社会人なりたての人が、
「何大卒?」って聞くのと似てるものなのかなぁ・・・
ホントは、あまり関係ないんですけどね。



まぁ、でもワタクシは何はともあれ、
上手くて、感動できて、素敵なショーを見せてくれる方なら、
所属がドコだろうが、あまり関係はないんですけど。。




たまたま今まで見た感じだと、
東洋の踊り子さんは、
カワイイ&すごいステージを見せてくれる方が多い
気がしております。



東洋で今まで拝見した方。
星川音々嬢
引退された本庄絵梨果嬢
朝倉希嬢
綾瀬夏樹嬢
黒沢愛嬢


ん〜、みなさま。
心に残る大変ステキなステージでございました。。



で、
ロックで素敵なステージを見せて下さった、
かんな嬢のblogにリンクを張りまっす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月7日 - 2007年10月13日 | トップページ | 2007年10月21日 - 2007年10月27日 »