« 2007年8月5日 - 2007年8月11日 | トップページ | 2007年8月19日 - 2007年8月25日 »

若者のためのストリップアート:ストリップと芸事。

目次はこちら



今は昔。

クリスマスのプレゼント交換、何かネタにしてみようと思ったのです。。
良いモノ発見、絵本です。音譜
その題名「くりとりす」
ちゃんと、まじめな(?)絵本だったように思いますが・・・



私は何か、使えるモノを頂いたような気がしますが・・・
交換した女の子、なんだかちょっと、かわいそうでした・・・ダウン
中は読んで頂いたのかも定かではありません。
若さ故の過ちです。反省しました。





- - - - - - - - - - - -
さて、ストリップはアート。
また、「芸事」でもあり。

と認識を新たにしたのです。。ひらめき電球




8中シアター上野出演中の
栗鳥巣嬢。
芸名があまりに、ストレート過ぎるので
どんな方か気になっていました。。


見た感じは、とても真面目そうな方。
休み時間は読書してそうな方ですが・・・
どこかで、ハジケちゃったのでしょうか・・・ドンッ




彼女は・・・
無敵でした!アップ


演目は・・・
どこまで書いていいのやら・・・


逆ストリップから始まりました。
朝起きて、女子高生の服を着て登校
で縄を使った自吊り演目も見事でした。

ブルマの体操服に着替えて
おにいちゃんといけない事をする。
そして・・・
おし○こをして・・・



曲がいい感じに作り込んであります。
その時演じている事に見事にマッチしてました。
おし○こに興味あるのか、
おじ様方は必死にのぞき込んでいて、
その時の音楽が、あまりにぴったりで・・・、平和で。
爆笑をこらえるのに、私は必死でした。ニコニコ




ポラのポーズも研究を重ねているらしく、
お口をパクパクしてくれたり。。。
そんなことを頼める女性と付き合ったことはないので
思わず「ガン見」してしまいました。目



舞台として、楽しめました。
私が会社の人事担当だったら、
こういう方を採用したいと思ったのですが・・・
なるほど、栗鳥巣嬢はフリーなんですね。。
とても真剣に舞台に臨んでいると感じました。


見た目かわいい子は沢山いる、と
ニッチな世界を選択したのでしょう。。。


新鮮な感動と笑いを与えてくれた
栗鳥巣嬢に感謝!!!


栗鳥巣嬢のHP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若者のためのストリップ入門:応援、シールの事。

目次はこちら


シール部隊。(U.S. NAVY SEAL)
それは、アメリカ海軍特殊部隊のこと。

敵に悟られることなく、任務を遂行する最強の部隊。
シール部隊の詳細はこちら




シール職人。(A SEAL MAKER FOR STRIPPERS)
それは、踊り子さんのシールを作成し、差し入れするお客さんのこと。

他のお客さんに悟られることなく、
シールを差し入れする、心優しいお客さん。



名古屋は銀映劇場のロビーに、透明のアクリル板がはってあり。
そこに、多くの踊り子さんのシールが貼ってあります。
その時は、宣伝用のプリクラ貼ってるんだなぁ〜、
程度にしか思ってませんでした。。


- - - - - - - -- - - - - - - - - - - ---
初めてポラロイド写真を撮った時。
「シールにしますか〜? サインしますか〜?」
と、踊り子さんに聞かれ、とりあえず、
「じゃあ、シールで。」
と言うと、ペタペタ、撮りたてポラ写真にシールを貼ってくれました。。


このシール「シール職人」
と呼ばれるお客さんが作って
踊り子さんに差し入れしてるものなんですね〜
!!
(と、最近知りました。踊り子さん本人で作成されている方もいるらしいですが。)



シールなぞ、作ったことないのでわかりませんが・・・
家のパソコンに、撮ったポラ写真や宣材写真を取り込んで
加工して、シール台紙にプリントアウト。
見ると、かなり作り込んでるものもあります。




これは・・・
ストリップ界のIT革命やぁ〜!!
(かなり古いですが)



いつ、だれが始めたものなのかは分かりませんが・・・・
お客さん、そこまでするのかぁ・・・・
と、しみじみ思った次第です。。

確かに、踊り子さんの名前を覚えることができるし、
よいものですね。。。



- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - -
そいえば、、
本庄恵梨果嬢は10頭で引退されるそうですね。。
まだ一回しか拝見しておりませんが、美しい舞いと、
ポラ時の軽快なトークが面白く。
ステージを心から楽しんでいるな、と感じさせてくれる方でした。


どの場所にいても、皆を楽しませることができる方。
きっと、新たな場所でも活躍されることでしょう!


↓のコースが決まっているようです。
8結 TS
9中 SNA







| | コメント (2) | トラックバック (0)

若者のためのストリップファイター入門:カブリツキ入門

目次はこちら




カブリツキ。
それはある意味、銀座。¥



舞台正面のカブリツキ。
それは、いわゆる銀座4丁目。アップ
(日本で最も地価が高いところ)



カブリツキ。
あまりに、その言葉がぴったりすぎて、
ちょっと恐い席。叫び



カブリツキ。
それは、つまり、舞台に最も近い席のこと。
詳しくはこちら 
↓↓
演劇用語




最も人気がある席だけど、同じ入場料。
従って、この席に座るため、開演前に並ぶ方もいるそうで。



確かに、見ているとかなり競争率、高そうです。
座っていた人が帰る素振りを見せようものなら、
すかさず席ゲット。



さながら、通勤ラッシュ時の
電車の座席の奪い合い。
むかっ
(いや、それよりも・・・レベルは高そうです。)



開演から1回目、2回目と連続して見る方が多いそうで、
2回目終了後、席を立つ方が多いみたいなので、それくらいの時間に行くと
もしかすると、カブリツケル、かもしれません。。




そうかい。そんなに、いいのかぃ?
そりゃまぁ、私も人の子。人気があるなら一度位、試してみたいもの。
ならばっ。


たまたま、空いていたため、
うっかり、座ってしまいました。(^_^)v
カブリツキ。




おぉ〜、これはこれはビックリマーク
東京タワーを真下から見上げた感じに似てます。東京タワー



後ろから見ると、スカートはいて踊っているのですが、
カブリツキから見ると、スカートの中の空間も見えちゃいます。
(劇場のカブリツキ⇔盆の距離にもよると思いますが。)


水中と水上を同時に見ることができる、
アメンボになった気分。カエル



で、踊り子さんが盆で踊り出すと・・・
近い、ってもんじゃぁありません。。
近すぎ。目


このblogを見てる方なら・・・
パソコンに向かった時の、自分とディスプレイの距離。
ケータイで見てる方なら、自分とケータイとの距離×1.5 程度?


確かに、迫力がありました。
そんな近くに「それ」がありますから。


初めてのカブリツキで・・・
- - - - - - - -- - - - - - - ---
・照明が当たって、意外と熱い。
 踊り子さん、めちゃめちゃ汗かいてますが、踊って、照明ですからねぇ〜

・見えすぎです。

 


舞台そのものを見るには、座席に座らずに舞台に向かって
正面で立って見るのが、照明もろもろ含めて美しく見えるかなと思います。
2回位見るなら、場所を変えて見るとまた違った美しさに気づくかもしれません。



ど〜しても、「そこ」をじっくり見たいなら、カブリツキがよいですが・・・



後ろから見てると、盆周りにも照明が当たるので、
カブリツイテル様子がはっきりと見えます。
人垣ならぬ、顔垣ができてます・・・叫び
いやっ、これもひとつの演出か・・・


- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - ---
ちょいと、自分が書いた過去のblogを見てみましたが・・・
今見ると、非常に恥ずかしいもので。
こんなこと、書いてしまったんや〜、みたいな。


その時、思ったことを、下書きや見直しせずに、
つらつら書いてるから仕方ないか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリップファイト日誌:強敵(とも)との戦い。

目次はこちら



北斗の拳で言うと・・・
強敵と書いて、友。グー



強敵(とも)のおかげで・・・
悲しみの分だけ、強くなれる。

なんですが・・・





さて、我が青春(?)、子供の頃は、おなじみ
スト2(ストリートファイター2)と共にありました。
ゲームで闘うのはもちろんですが、
休み時間は実践(?)で、闘っておりました。
メラメラ




波動拳(ドラゴンボールで言うところの、かめはめ波、みたいなもの)は
出ないと知っているのにもかかわらず、
恥ずかしげもなく、にひひ
強敵(とも)に対して繰り出していた訳で・・・





「できる、できない、ではなく、闘う心意気。」
「戦い続ける大切さ。」

というものを、幼心に学んだのかもしれません。

(と、今勝手に思いつきました。)m(_ _ )m




そういう訳で、自分の内面との戦いと共に、
自分の外側(社会)に対しての戦いも開始してこそ、
真の「ファイター」を名乗れるのだ!
チョキ
(なぁんて。)



えぇ〜、もったいぶって、前振りしましたが、
単に友達や後輩をストリップに誘っただけのお話でございます。



- - - - - - - -- - - - - - - - - - - --
登場人物(略号)

SF(ストリップファイター)
強敵A(後輩。小学校教師)
強敵B(友達。経理職。)



ROUND1:SF vs 強敵(とも)A
- - - - - - - -- - - - - - - - - - - ---
SF 「そいえば、Aってさ、ストリップ見に行ったことある?」
強敵A 「いやぁ、ないですよ〜。まな板ショーですか?」
SF  「今はまな板ショーとか、やってないよ。
  昔は結構激しかったみたいだけれど、アートなんだって!。」
強敵A  「そうなんですか・・・。」
SF  「おうよ。とりあえず、一回だけでも見に行ってみたら、違うとおもうさ〜」
強敵A  「ん〜、また機会があったら・・・」
SF 「そっかぁ・・・」


ストリップ=まな板ショー
というイメージが強いみたいで。
確かに、私もそうだったかもしれません。。
小学校の教師、やってるからこそ、見に行って欲しかったのだけれど。。
いつかまた、リベンジ。



ROUND2:SF vs 強敵(とも)B
- - - - - - - -- - - - - - - - - - - --
SF  「最近、初めてストリップ見に行ってみたんだけれどさ〜、
 これがまた、美しいのさ〜。。まさにアートよ、マジで。」
強敵B  「へぇ〜、一回位見に行ってみたい気はするけれど、
 何か恐い気がするんだよね〜。一人で行ったの?」
SF  「おう。一人で行ったよ。意外とね、大丈夫だったよ。
  じゃ、今度行ってみる?」
強敵B  「ん〜、やっぱ、恐い気がするな〜。一緒だったら、時間があったら、
 行ってみてもいいかな。」


ストリップ=ちょっと恐い。
確かに、少し恐いイメージがありました、私も。


- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - ----
やはりストリップのイメージは
・まな板ショー。
・ちょいと恐い。



が、大勢を占めているようです。
確かに、私の友達でストリップ行ってきた〜と
聞いたことは、未だかつて、一回もありません!!


ストリップ界、
フォースのダークサイドに、覆われている訳です。カゼ
フォースのバランスを取り戻すべく、

ストリップファイターは戦い続けるのでした・・・あし


(つづく)



(北斗の拳、スト2、スターウォーズをチリバメテみました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリップファイト日誌:8頭、SNAの事。

目次はこちら



SNA・・・
なんだか、「NASA」を思わせる、
その言葉。

とても、未来的。。UFO



ニューアート、そう、ストリップは
「時代の最先端の、アート。」注意



新宿ニューアート、略して、SNA。
行って参りました。祝日



そういえば、スト2(ストリートファイター2)でも、
戦いの舞台は様々な国?シチュエーション?がありました。
いろんな場所で、戦ってこそ本物になれる、
とのことなのでしょう。。





銀映、渋谷道劇、に続き私、三ヶ所目の劇場になります。
ん〜、始めに見に行ったところが広い劇場だっただけに、狭く感じます。
席数は20位。。
良く言えば、アットホームな雰囲気です。ニコニコ
いろんな劇場、特徴があるんですね。



かつては、小っちゃな、ライブハウスだったんでしょうか??
舞台にデベソ(舞台から、ドラえもんの手みたいなものが出てます)を
くっつけて、イスを設置して。
バーカウンターを投光室に改造して・・・な、感じでした。



狭いのですが・・・
劇場の後ろ側でリボンを巻いています。
なるほど、こういうことなのかぁ〜と思った次第。あせる


で、香盤は・・・

SNA
- - - - - - - -- - - - - - - - - - - --
1.黒崎優 嬢
2.希咲海実 嬢
3.恋詩なみだ 嬢
4.TAKAKO 嬢
5.仙葉由季 嬢
6.加瀬あゆむ 嬢




ここで初めて、ダブルリボン?なるものを見ました。
舞台の上手、下手から2人で息を合わせてリボンを投げる技?
なるほど、確かに綺麗です。グッド!
が、リボンが気になって、踊り子さんの舞台にはあまり集中できず・・・
まぁ、いいのだけれど。




踊り子さんで最も気になったのは・・・
仙葉由季嬢



なんだか、
「極道の妻・・・」
を思わせる雰囲気で。オーラを感じました。アップ
オープンショーも、苦手だったのですが、すごいかっちょいい。アップ



うまい踊り子さんは、裸になった時(なる前も)、なんだかオーラを感じます。目
美しい照明に照らされた時、なんと言えばいいのか・・・
「神々しさ」を感じます。



美しい夕日に照らされた、
山や海を見ているときのような・・・
言葉もなくただ、ただ、見とれてしまう・・・

そんな、感じでしょうか。




ただ、ストリップを見ていて
「もっこり」
したことは、未だありません。禁止

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月5日 - 2007年8月11日 | トップページ | 2007年8月19日 - 2007年8月25日 »