« 若者のためのストリップ入門:風俗としての、ストリップ。(その1) | トップページ | ストリップファイターの休息:2007年、ファイターの事。 »

ストリップファイト日誌:12中、ミカドの事。

目次はこちら
アメブロの目次はこちら(途中まで)



「勉強と部活の両立」
いつの時代も変わらない、学生の悩み。








「勉強ができて、部活でレギュラー。」
そんな先輩は憧れの的。
他県の試合に遠征に出かけ、授業をさぼる。
(まぁ、サボる訳じゃないけど・・・
皆が受けてる授業を受けなくてもよい羨望感。)










今年、7月に入り・・・
私にも新たな悩みが生まれました。



それは・・・・・
「仕事とクラブ活動
(ストリップファイトクラブ)の両立」(笑)

学生の頃の悩みとあまり変わりません。
さすがに、このblogを中高生が見ていたら驚きですが。
(というか、見てはなりません。)
社会人になったら、ぜひストリップファイトクラブへ。
男塾並みに、拍手の練習から始めます。
嬢にわたってもらう為の・・・
人間ハシゴまでは・・・






仕事とストリップファイトクラブ活動の両立を
見事こなしている、劇場の先輩方・・・
すごいっす。







ワタクシはいわば。
タマ拾い、ボール磨き、トンボがけ。

位なへなちょこです。





見事レギュラーを勝ち取った方のみ、
遠征へ出かけることができるのです!!

ワタクシは何時になったら、レギュラーになれるやら。
もしや、ベンチに入ることもできずに・・・
終わってしまうかもわかりません。。










ま。
初の1週3香盤。
偶然にも直帰があり・・・
鬼のようにガンバリました。。



------------------

あら。
平日のミカドって・・・・
えらい重い空気。
たまたまワタクシが行った日がそうだったのかもわかりませんが。




赤点取った生徒が集められた放課後の教室。
そんな、重い空気。。
楽しそうに・・・拍手・・・・
そんな空気じゃなかったとです。









でも。
終演後、従業員の方は扉の前に立ち、
挨拶をしてくれます。きちっとした服装を着て。

なぜか、客がゾンザイに扱われるスト業界にあって、
そんな対応で、他劇場と差別化は十分。
個人的に、応援したいなと思う劇場になりました。







ミカド 12中香盤
-----------------
1.日向ぼっこ
2.相原美絵
3.ゑれき駄ゑれき+タルト(team show)
4.葉山瑠菜
5.桃瀬れな



1.日向ぼっこ嬢
名前が気になって、見たいと思っていたお姐さん。
鬼のように頑張りましたが、間に合いませんでした。。(泣)
とりあえず、オープンで側転している様子は見ることができたのですが。
またいつか。





2.相原美絵嬢
初見。見た感じ・・・ロックのお姐さんかと思っていました。。
諏訪フランス座所属のお姐さんなんですね!
レアなのかもしれません。
演目は・・・覚えておりません。。m(_ _)m
黒のベット着だったかな。。




3.ゑれき駄ゑれき嬢+タルト嬢(team show)
初見。チームショー:ストロベリーマジック。
名前にインパクトがあり、気になっていたんですが、、
名前から結構年とった人なのかなって思ってましたが。
あら、でも年はそんなに変わらないのかな・・・



演目は、、
雌狐vs巫女でブッコミ系+ローソク。
ブッコミは、恵方巻か!と思う位激太。






結局。
どちらが、ゑれき嬢で
どちらが、タルト嬢なのかわからないまま終わりました・・・
ブッコまれてた方、
ポラではなんだか、ほんわか~な雰囲気でした。







4.葉山瑠菜嬢
踊り子たましひ。
DXKで見た洋風花魁の演目です。


ポラで、嬢が出てきた時、
重い空気が一変、楽しい雰囲気に変わりました。

さすがですね。
「客に楽しんでいってもらいたい」との
気持ちが伝わってきました。。







5.桃瀬れな嬢
初見。
ロリです。
ロリなんです。
それはいけないでしょ。位にロリ過ぎです。。
アイドルダンス。。
じじ様にしてみれば、娘、または孫を
見ているような感覚になるんでしょうか・・・





来年は、、もちょいミカドにも行ってみようと
思います。。

|

« 若者のためのストリップ入門:風俗としての、ストリップ。(その1) | トップページ | ストリップファイターの休息:2007年、ファイターの事。 »

コメント

どうもご無沙汰しております。って半年も前のところにコメントってのもどうかと思いつつ・・・。
いや、理由があるんです。ミカド初観劇。でミカドつながりでここに。
平日3回目からの観劇。初日だったこともありオキニの応援さん数名来られていたので全然空気は重くありませんでした。他のお客さんも陽気なエロ親父な感じの方が多く、手拍子も普通に出来ました。
でもロックな館が多いオイラは、劇場の雰囲気やお客さんの感じに相違を感じましたね(yuzu-3さんがロックな館に感じるのと同じ?)。でもなんかアットホームでいいです。ステージが狭いのが難ですが(踊りにくそうで・・・)、客席から踊り子さん近っ!って感じですね。近づきすぎて従業員さんに注意されてましたが、○子さんとても素敵な笑顔でした(^o^)

投稿: ハ ナ マ ル | 2008年7月 3日 (木) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/471373/9598001

この記事へのトラックバック一覧です: ストリップファイト日誌:12中、ミカドの事。:

« 若者のためのストリップ入門:風俗としての、ストリップ。(その1) | トップページ | ストリップファイターの休息:2007年、ファイターの事。 »