« 若者のためのストリップ入門:ストリップ、歴史を少々。(その2) | トップページ | 若者のためのストリップ入門:カブリツキ入門(その2) »

ストリップファイト日誌:10頭、渋谷道劇の事。

目次はこちら



ファイターを名乗ってるくせに、
ファイターじゃないんじゃないですか??ちかごろ。



との、お便りを頂きました。。yuzu-33さんから。
はい。自作ジエン。




まぁなんでしょうか、なかなか、です。。
「これはっ!」と思える方に巡り会うのは・・・・
難しいんですね。。



かわいい、だけじゃなく。
ダンスが、うまいだけじゃなく。
スタイルがいい、だけじゃなく。



コトバでは、表すことのデキナイ、何か。




もしかしたら、踊り子さんだけじゃなくて、
その場に居合わせたお客のせいでもあるし、
劇場の作りや、女の子の日で調子悪いこともあるだろうし。



自分が思う「これはっ!」な、瞬間。




どちらかというと、
「うぉぇっ、酒が抜けなくてさぁ〜」
「飲まないと、やってられないさ〜」
でも、ステージは素敵。



なぁんてな方が人間味あふれてて、
個人的には、そんな方に興味を持ちますが、
今はポラ売れることが大事ですので、
そういうのは、難しいでしょうねぇ〜〜




日誌は書いてなくても、地味なファイトを続けております。
行っても書いてないやつも、実はあるし。




いざ。



- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - ----



渋谷道劇 10頭
- - - - - - - -- - - - - - - ---
1.寺丘早織
2.麻吹サヨリ(debut)
3.川村美沙
4.桜井アンナ
5.朝倉希
6.春風るな
7.羽月澪 (3YAnniv.)



ものすごく、久しぶりの道劇。
やっぱり、照明キレイ。
盆がせり上がるって、すばらしい。
スモーク出る劇場って、実は貴重。
設備に合った劇場の広さなのね、と、納得です。



道劇娘コンプリートに近かったので、他劇の方見ようと
足が遠のいていたのであります。。



寺丘早織嬢
残念ながら、間に合わず、ポラタイム。
スレンダーな方ですね、一度拝見してたかなぁ・・・



麻吹サヨリ嬢
この週デビューの方。
道劇HPの写真では、「子アライグマ」っぽい写りですが
実際は、かなりキレイでした。
髪型のせいもあると思いますが、アメリカの女優さんっぽい感じの方です。
かわいい、よりは、美人な方。

演目は覚えておりませんが、デビュー週にしてなかなかです。
かなり練習を積まれたのか、もともと素質があるのか。
これから、素敵なステージを期待してます。。




川村美沙嬢
う〜ん、あまり思いだせません。
確か黒系、ステッキを持って・・・なはずです。



桜井アンナ嬢
デビュー後2回目の舞台でしょうか。。
雰囲気は羽月嬢と似たものを感じました。
さっそく、お姐さん。なんですね。



朝倉希嬢
以前、本庄嬢と一緒だった渋谷以来の観劇です。
更にパワーアップした感じでした。
確か着物を着て、ヒップホップ系の激しいダンスだったように
思います。


きっと、学生の頃は体育得意だったんでしょうねぇ〜
運動神経の良さを存分に活かしたステージでした。
きっと、バスケ部のガード。 私の勝手なイメージ。
安定していつも、素敵なステージを期待できる方。ですね。




春風るな嬢
大きな羽を2枚使った、貴婦人なダンス。
やはり、大きな特徴は目力、だと思います。
目力、すごいです。
あ、そうそう、道劇と言えば、オナベですが・・・
ホームで、ポーズベットでした。



羽月澪 (3YAnniv.)
2回目の観劇になります。
3周年、だったんですね。。
モデルやっててもよさげですけれど。。
お姫様ダンスでした。



と、取り急ぎです。
やっぱ、忘れちゃうなぁ〜泣
劇場でメモってる方いますが・・・


ま、忘れちゃっても、いっか。
その瞬間を楽しめるように・・・
私も精進いたします。m(_ _ )m

|

« 若者のためのストリップ入門:ストリップ、歴史を少々。(その2) | トップページ | 若者のためのストリップ入門:カブリツキ入門(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/471373/8732781

この記事へのトラックバック一覧です: ストリップファイト日誌:10頭、渋谷道劇の事。:

« 若者のためのストリップ入門:ストリップ、歴史を少々。(その2) | トップページ | 若者のためのストリップ入門:カブリツキ入門(その2) »