« ストリップファイターの休息:たまにはこーゆーのも。 | トップページ | 若者のためのストリップアート:ストリップはアートか? »

ストリップファイト日誌:7結道劇の事。(遅っ!)

目次はこちら。



アメブロのニュースで面白いもの、発見しました〜
↓↓
モデルの理想的体型を見て脳はビンビンに反応


要約すると、おっさん達にエロ画像を見せて
脳のどの部位が反応するかを
研究したものらしい・・・
(ソース、論文が明示されていないので、
真偽の程は確かではありませんが。)


- - - - - - - -引用- - - - - - - - - - - -
その結果、見せたモデルの画像に衝撃を受けた度合いが大きければ大きいほど、脳の中で前頭前野、線条体、扁桃体と呼ばれる部位が強く活性化されることが明らかになった。これらの部位は、強い感情や物事の意思決定に重要な部位とされている。
- - - - -ここまで- - - - - - - - - - - --


も・もしや〜
ストリップ観劇で、
感情豊かな、
21世紀にふさわしい人間に
なれるのかぁ〜!?
!?
(あ、扁桃体が活性化されすぎると、
ウツ病になるらしいです・・・はい。
扁桃体のご利用は、計画的に。




ちなみに、いろいろと調べてみると
男の性欲中枢の大きさは2倍、!!
女性と比べて。らしいです。
なるほど、納得です・・・
男がエロイのは、仕様なんですね。チョキ


例)
踊:「どうして、いつもそんなエロばっかりなの?」
客:「仕様です。そのように設計されているので、しかたありません。」あせる



- - - - - - - -引用- - - - - - - - - - - --
日本で同様の研究をするとしたら、まず不可能であろう。お金も人も集まりそうにない。日本の女性は、こういう類の実験の被験者には滅多になりたがらないからだ。
欧米ならではの豪快な研究成果といえる。

文■番長嶋耕作(薬学生)
- - - - -ここまで- - - - - - - - - - - -

ふむ。どこかの薬学部生、番長嶋耕作さんが書いた文なのですね。
今なら、私は、
「キミ、青いね」
と言えます。



なぜなら、、彼は「ストリップ」見たことないだろう〜
この実験、
かぶりつきに座っているおっさんの頭に
計測装置を取り付け、観劇してもらえば・・・

(踊り子さんには、ちょっと、申し訳ないような
異様な光景になると思われるが・・・)



ストリップを楽しみながら、
「脳科学の最先端の研究に貢献できる」
!!
わけであります。すばらしい!チョキ



長くなっちゃいました。
7結渋谷道劇ですが・・・
書くのうっかり忘れてました!
ほとんど、覚えてません。。ダウン
3回まわしのようでした。


渋谷道劇(7結)
- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - ----
1あいあいら
2桃乃ララ
3春風るな
4川中理紗子
5虹歩
6黒沢愛
7西野さゆき



あいあいら嬢は・・・
確か、アラビア風の出し物だったように思います。
途中入場の為、はっきりとは・・・


桃乃ララ嬢
銀映で拝見し、今回2度目。
同じ出し物(ロリ衣装にトランプマジックの)でしたが、
渋谷時間の為、カットしてましたね〜


「プロ」魂をとても、感じる方。。


春風るな嬢は・・・
あまりに私の知りあいの女性に酷似しており・・・
不祥にも、妄想族と戦っておりました。。



川中理沙子
確か、周年だったと思いますが、
出し物が間に合わずで。
そうそう、チアの衣装だったかなぁ・・・

虹歩
「微笑みの向こうに〜」本の中にインタビューが書いてあり
どんな方なのかなぁ〜と楽しみにしていた方。
なるほど〜、とても人気がある方ですねぇ〜


黒沢愛
ん、確かに名前は聞いたことあります。。
AVの方。見たことはあるかなぁ〜??
いや、もっとロリな感じでふっくらしてるイメージでしたが、
細身の綺麗系な方だったんですねぇ〜。。

ただ、踊りたくて踊ってる感じには、
見えなかったような・・・
でも、名前でお客さんを呼べるってことは、偉大です。


西野さゆき
レースクイーンの出し物。旗持ってました。
カメラ小僧に写真を撮られてるうちに・・・
乱れちゃった♪
そんな感じだったような、ような。



お〜、我ながら、しょぼい感想です
一ヶ月も経てばこんなものかなぁ・・・


虎穴に入らずんば虎児を得ず。
これから、エロの追求もしてみようかと思います。
新たな発見があるのか・・・・

|

« ストリップファイターの休息:たまにはこーゆーのも。 | トップページ | 若者のためのストリップアート:ストリップはアートか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/471373/8732754

この記事へのトラックバック一覧です: ストリップファイト日誌:7結道劇の事。(遅っ!):

« ストリップファイターの休息:たまにはこーゆーのも。 | トップページ | 若者のためのストリップアート:ストリップはアートか? »